(大まじめに笑)お風呂の作法!

今、僕は32歳です。もし80歳まで生きるとしたら、僕はあと 17500 回くらい、お風呂に入ります。僕にとってお風呂はリラックスできて、頻繁に良いアイデアが生まれる大切な時間です。
今日は、ふざけているようで、実は大まじめにお風呂について考えてみました(笑)
まず気付いたこと。(よく言われている話ではあるのですが)全く無意識になのですが毎回体を洗う時、毎回同じ方法で洗っています。体を洗う順、体を洗うタオルの使い方、お湯のかけ方。。。習慣ってすごいです。そして意識してみるといろいろなことに気づきました。。。
まず。。。左手のみ、三回洗っていることに気づきました!(いらんやろっ!そんなに!)そして脇腹の洗いは足りてへん。。。
また、最後に風呂に入った時はお風呂を洗うのですが、お湯を抜くタイミングが遅いと、お湯が抜けるまで待っていなくてはなりません、湯冷めしてしまします。逆に速すぎるとお湯がなくなって湯冷めしていまし、また無駄にお湯を捨てているだけでもったいない。ということで、試行錯誤の末、洗顔、髪、体を洗う順番を見直し、その結果、湯冷めせずに、お湯を捨てるベストなタイミングを見つけ出しました!(笑)
出たあと、パジャマを着るのが速すぎると汗だくに・遅すぎると湯冷めするため、体を拭く、化粧水、下着、髪を乾かす、かかとの保湿、綿棒で耳の水をとる、のあとにはじめてパジャマを着ることが、(今のシーズンは)ベストなタイミングだと気づきました!
。。。以上、本当バカバカしいですが(涙)、楽しみながらで考えてみました。でも、お風呂の作法を変えることで、毎日 3 分間浮かすことができれば、死ぬまでに 52560分!なんと丸37日ぶん、節約できることになります!これまでのやり方にこだわりがあるわけでは全く無いので、新しいお風呂の作法で、毎日3分ずつ、得したいと思います!「長期視点」で毎日コツコツと。
さらに、そのあと洗濯物を干すのも私の役割ですが、その時間を英語の発音練習に当てています。家内には変人扱いされていますが、こんな感じで続けていけば、80歳の誕生日には、英語ペラペラですね!(笑)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です