同業他社さんとの意見交換

今日は、大学院時代の研究室の後輩で、国内大手製薬会社に勤務する F 君と焼肉へ (収穫祭ではない笑)。
一般的に、新薬の創出の確率は非常に低い事が知られています。つまり、製薬会社での研究は、ほとんどの全ての仕事が失敗の仕事でなんです。。。その中で成功した一つの薬が1000億円以上を売り上げるような、ビジネスなので。
そのため、お互いの状況をシェアしても、入社以来の仕事すべてが製品には繋っておらず、何をやっても失敗ばかりだね(今は!)。という意見で一致しました。
しかし、そんな状況においこそ、自分達に何が出来るか考えたいです!
自責、やっぱり逆算思考、そして着手小局!が大切です。
誰々のせいで、といっても始まらない!、新薬創出というゴールにたどり着くにはお互いの立場で何が必要か?を真剣に考える、そしてその第一歩として創造的な仕事ができるか?
といったような非常に前向きな話ができました。患者さんは新薬を待っているです!そして早く薬を作らなければいけない。。。
がんばります!F 君、本当にありがとうございました!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です