英語を身につけることの意義と決意表明 ③

引き続き、英語を身につけることにどこまで投資し何を得るか、について考えます。

昨日書いた通り、まず必要でかつ短期的に習得が容易な、下記を身につけます。期間は、3月から5月末までの 13 週間です。

①プレゼン英語
②会議の英語
③パーティー英語(懇親会英語)
を 8 割程度まで身につけます。僕はあくまでノンネイティブなので完全を目指すことはしません、費用対効果を考えて、8 割程度の完成度で十分です。通じればよい、ってな感じで大きくかまえたいと思います。
ということで、選んだテキスト 5 冊、の暗記と発音をやります!
会話はまずはほとんど表現の暗記。次に発音練習。
英語の(初歩の)会話は、脳みその筋トレみたいなものだ、と聞いたことがあります。すなわち、鍛えるところをしっかり意識して、苦しくなるまで繰り返す、あとは継続・反復。
テキストの読み込みと発音のシャドーイング。読み込みはデスクで。しかし、とくに発音に関しては、特に、「インプットは机の上で」という思い込みを捨てて、あらゆるスキマ時間を寄せ集めて勉強の時間に当てたいです。
家に帰ると、家事 + 3つの課題で、時間はあまり取れないので、時間を捻出できるように頭を使いたいです。家事をしながら、そして10分間掃除をしながら、絶対に身につけたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です