#95 自動操縦を実感できた!

4月の組織改編で、これまで全く仕事をしたことがなかった部署の皆さんと同じ研究所になりました。

そこで、彼らの仕事紹介の講演会とその後の懇親会に参加させて頂きました。非常に楽しい時間を過ごすことが出来ました。ごちそうさまです笑

月並みな感想ではあるのですが、やはり自分とは全く違う視点を持つ方とお話することは非常に刺激になって楽しいです。

数学や情報科学などのバックグラウンドを持つ皆さんとの会話の中で、自分の通常の業務では出てこないような新しい視点をたくさん得ることが出来ました。また、専門性が異なるため、扱っている問題や、使っている方法論は当然違うのですが、問題へのアプローチの仕方・考え方は実は非常に近かったりしていた、という自分の中の小さな発見もありました。

今回の懇親会には、我々のグループから多くのゲストが招待されていたのですが、参加したのはなんと僕だけ!?でした。

(みんな忙しそうなので、仕方がないですが。)
せっかくの交流のチャンスを逸したメンバーは、ちょっともったいないと感じました。

自分としては「みんな当然参加するだろう?」と思っていたのですが、実はこの事が自分にとっての進歩なのかもしれません。

確かに、以前の自分なら外に出て知らない人と交流してこよう、知らない人にどんどん話しかけてみよう、などとは思わなかったと思います。。。

これもセミナーの成果か?笑

これからの時代は高い専門性を持った研究者がチームを組み、自身の強みを生かしながら、互いの弱みを補いあって仕事を進めていくこと、が当たり前になってきています。

今後も、自分の知らない分野にも積極的に出ていって、いろいろな方と出会い、楽しみながら学んでいきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です