#228 違う視点で自分を見てみてる!

今日は某国内王手化粧品メーカーさんと会食をしました(合コンではなく笑)。

集まられたのは研究をしている方で、同じ研究職同士の飲み会だったのですが、製薬会社と化粧品会社ではずいぶんスタイルも考え方も求められるスキルも違うのだな、と当たり前ながら感じました。

上記で『当たり前』というように書いているのですが、今回お会いする前には『当たり前』だと思いつつも、自分の会社のスタイルとは全く異なるやり方で研究をされているのだ、ということを実感を持って強く認識できたのはやはりお話を伺ったこそ、のことだと思います。化粧品会社って、マーケティングの考え方が非常に強いのだな、と感じました。

製薬会社ももちろん開発や販売の現場にはマーケティングの考え方はあるのでしょうが、研究の現場にはそれがあるか、というと、「?」です。あるのかもしれないけれども、自分のところに研究課題として降りてくるには、それほど意識がされないようになっています(だから上手くいかない?笑)

また、自分は、会社の色には染まらず自由にやっているつもりでしたが、発想の枠組み自体が、自社や業界の影響を強く受けているのだと思いました(汗)。このように気付くのはやはり違う視点があってこそですね。。。 

自分の業界は特殊だ、よその会社は特殊だ、などと言っても、その発言自体、自分のイメージで出来ていることが多々あります。実際にあってお話を伺うことで、普段の自分たちにとっては新しい視点でものごとを考えるキッカケになります。

最近、なかなか時間が取れないですが、自分とは違う視点の方たちのお話を伺う機会は継続して持っておきたいと思います。本日お時間いただきました化粧品会社の皆様に深く感謝いたします、ありがとうございました!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です