#235 レバレッジをかける!

現在、同僚の方と一緒に仕事をしています。ぼくは、その方の実験プランを考える仕事をしているのですが、最近、少し話が噛み合わず、実験の意図や方法が上手に伝わっていないことがあります。

自分がプランを考え、mtg などでお伝えする時間はせいぜい2時間かそこらですが、実際に同僚の方が実験して結果を解析するのに丸一日かかってしまいます。ですので、自分の上手にプランを伝えきれずに実験が失敗してしまうことは、非常にもったいないことで、かつそれは組織の生産性の低下につながっていることが分かります。

1日の成果を2時間で決めることができるというのは、レバレッジの効率が高いことです。ですので、どんなに忙しくてもこの時間を疎かにしては絶対にいけません。もったいない。。。

ですので、その時間を予めブロックするなどして、必ず十分な時間を確保するようにします。

また、説明する際には曖昧な言葉を使わないようにします。行動科学に合致した方法で実験をお伝えすることにも、気をつけていきたいと思います。

自分以外の方と一緒に仕事が出来るということは、自分の仕事の幅を広げ、自分のアイデアを実行に移すチャンスです。自分一人では出来ないことも、きっと出来るようになると思います。手を抜かずにまずはしっかりとレバレッジをかけて、自分が正しいと信じることを追求していきたいと思っています。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です