#241 何からでも学ぶ!

これと決めたものに関しては、なんでも上手くなりたいと思っています。もちろんどこまで上手くなりたいかの程度の差はありますが、日常の些細なこと、たとえば掃除とか靴みがきとか趣味のサーフィンとか車の運転に至るまで、自分が上手くなりたいと思ったことに関しては、こだわりたく?なります。

もちろん最終的には練習?を繰り返すことで、動作を定着させて行かなければならないと思うのですが、ただ漫然と練習を繰り返すだけではなく、「上手くなりたい」と思うことが、一番の上達の近道だと思います(当然ですが)。

上手くなりたいと思わず、「なんとなく」であっても、ひたすら時間をかければ(自分が日本語を習得したように)自然に出来るようになる、ということもあるのかもしれません。ですが、上手くなりたいと思うことで目標達成までの時間が圧倒的に早くなると感じます。

というのは、(無意識的な面も含めて)、頭を使い始め、結果、いろいろな所に意識が向き始めます。

その瞬間から、本、雑誌、などのメディア、他の人がやっている練習風景、違う活動(ヨガ→禅→サーフィン、とか)、などなどあらゆる事から学べるようになります。

自分自身の何が課題か?何を練習するか?どこをポイントに練習するか?どの順番で練習していくか?、etc.、などなど、漫然と練習しているのでは見えてこない疑問が次々と浮かんできます。

サーフィンなどを題材に上達するプロセスを習得中です。もし、サーフィンが上達すれば、その事自体も嬉しいのですが、その上達のプロセスにはある程度の普遍性があると思っており、そのプロセスを身につけることが、サーフィン自体よりも大きな目標のひとつです。

ある分野に長けた方は、その他の分野においても能力が高い、とうことは良くあることだと思います。このような方は上達のプロセスをと身に付けられて、それを他の分野に水平伝播できるような形で持っておられるからだと思います。

同様にして、自分もこのプロセスを習得しておけば、さらに人生が楽しくなってくると思います。そういう小さな期待感をもって、日々活動していきたいと思っています。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です