#898 とりあえず beta 版で動き始める!

自分の悪い癖の一つに、取り組みに対して完全に準備をしたがる傾向があります。自分としてはしっかり準備して、完全なものを作りこんだ後で、外に出し (大袈裟に言うと) 世に問いたいと思っています。

もちろん準備は大切なのですが、準備に時間がかかりすぎてその分だけ行動に移すのが遅くなってしまっています。その結果、貴重な時間や機会を失っていることもあるでしょう。とくに自分で完全なものを作りこむよりも、まずはベータ版で外に出して顧客のフィードバックを受けてみることが大切なのではないでしょうか。

そもそも顧客が欲していると自分が思うことが、本当に顧客のニーズを満たしているかどうかは必ずしも当たるとは限りません。むしろ当たらないと考えたほうが普通なのだと思います。

そのため、まず早く外に出して世に問いフィードバックを受けてからの修正のサイクルを数多く回すチャンスを生み出すことが出来ます。その結果、最終的な完成度が高まるはずなので、この PDCA サイクルは回せるほど良いに決まっています。

もちろん、自分が納得するものを作りたいとか、未完成なものを出したくないという考えは、気持ちとしてはよく分かります。ですが、本来の目的は「最終的に顧客に気に入ってもらえるモノを、少ないリソース・早く出すこと」です。もしも”あえて”未完成なものを一度外に出すことで、最終目標が早く容易に達成できるのであれば、自分の変なこだわりを捨てても良いのかもしれません。

この際に「ベータ版だ」という言葉を口に出すことで、自分のこだわりを捨てることがやりやすくなるのだと思います。そしてベータ版と口に出すことで、PDCA を回してより良く改良していかないといけないということを、自分が思い出すことが出来ると思います。ということで、「ベータ版でいいので」と口にだして、行動を加速していきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です