#911 一年後の理想の姿(妄想)!

本日、鮒谷さんのセミナ一の年間プログラムに参加してきました。その感想はまた後日書きますが、実は先月のセミナー終了後に宿題になっていた『一年後になっていたいという目標』(というか「妄想」)をまだ書いていませんでしたので、今日のセミナーを振り返りながら考えてみました。
◯ 総括
これまで取り組んで来た研究分野において、専門家として社内・社外から認知されるのに十分な成果をあげ、その内容を学術的に発信した。その過程を通じて自分の仕事量の限界を広げ、更に大きな成果を上げるための成果を上げる能力を身に付けた。

◯ 各論

(1) 博士号を取得した。

(2) 
いま取り組んでいる研究コンセプトの正しさが証明され、創薬の実用化に向けたプラットフォーム構築が完成した結果、自社の創薬研究の大きなアドバンテッジとして研究所内で標準的に認知された。その結果が社内の業績評価で認められた

(3) (2) の研究に関するプレゼンを国際学会で発表し、また同内容の論文がインパクトのある論文紙にアクセプトされた。また、別の内容で11月の学会でポスター発表をした。


(4) 体力的・精神的に無理をしない状況で仕事上の成果を継続的に出し続けることが出来る習慣を身に付けた。さらに、家族・友人との人間関係、教養、健康、資産において、バランスが良い状態を保てた。

とまあ、現時点ではかなり厳しい内容も含まれていますが(汗)、まぁ自分が勝手に言ってるだけなので(おそらく誰も気にしていないでしょうから)そこは気にせずに思い切って宣言してみました。先月までの1か月間のサボりっぷりを取り戻すべく、達成に向けて全力で取り組みたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です