#985 難しい仕事だからこそ楽しい!

いま会社では、自分で考えた企画を仕事に出来ています。社内ベンチャーという程には大袈裟なものではないものの、リソース(人とお金)を頂きその分だけの成果にコミットしています。

その責任の分だけ仕事に本気度が生まれ、結果としてその分だけ仕事が楽しくなるのだと思います。まあ、自分のように身を削って(?)働いても、反対に適当に仕事に取り組んでも、会社員ですので短期的には給与などの面ではそれほどは変わらないのかもしれません。しかし、だからといってサボりたいかというとそんなことは全くありません。

仕事には食っていくための手段としての面ももちろんあるのですが、どうせやるなら楽しんでやったほうが良いに決まっています。そして仕事を楽しむには一生懸命に本気で取り組むことは必要条件です。そのための一つの手段が自分に高い目標を課すことだと思うのですが、誰も取り組んでいない課題に対して挑戦している今の企画はとてもやり甲斐があります。

冷静に考えると、今取り組んでいる企画のゴールは高すぎます(汗)。企画に Go を出したシニアマネージャーも含め、おそらく誰も上手くいくとは思っていないでしょう。困難なことは自分としても十分に分かっています。それだけ高い目標だからこそ楽しいのだと思います。

加えて、この自分が設定したゴールと現実とのギャップを埋めようとして、様々なぶっ飛んだアイデアを試そうとしていることも、仕事を面白くしている理由かもしれません。というのはそのギャップが大きすぎるため、通常のやり方では埋めることができないことから、ぶっ飛んだアイデアが必要になります。そういう変なアイデアを思いつき、試し、失敗してもダメ元だから凹まずにまた別のアイデアを試す、そうするとたまに成功する、というサイクルです。失敗しても失敗だとは捉えていないので、成功しかない状態でとても気分は明るく、常にワクワク感を持って仕事に取り組むことが出来ています。

こういう楽しい仕事に関わることができて、とても嬉しく思います。この恵まれた環境を活かす上でも、全力で仕事に取り組みたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です