ブログのネタ不足は成長機会の枯渇を表す #1202

最近、ブログのネタ不足に陥っています (汗)。これは理由が明確で、第一の理由は仕事に時間が取られて過ぎてしまっているからだと思っています。もちろん仕事だけをやっていても仕事に没頭できていれば、仕事を通じて色々な気付きを得られるものです。仕事はなんだかんだ言って奥が深く、その気になって集中して取り組めば、それこそ毎日新しい発見や刺激があります。しかし今はタチが悪いことに、集中できていないものの単に時間だけが取られており、そんな新しい気付きも得られていません。なので、現状は非常に良くない状況だと思っています。

加えてネタ不足なのは、同じ事の繰り返しになっている状況を意味しています。仕事が低調でも、外に出て新しい刺激を受けていれば、それがそのままブログのネタに出来ます。しかし、仕事でもそれ以外でも毎日が同じことの繰り返しになっていては新しい刺激はあり得ません。ブログのネタが不足することは新しい刺激や学び、出会いが不足していること、すなわち成長の機会が不足していることを意味しています。

これは自分にとって大きな焦りであり、危機を意味しています。自分は大器晩成型なので(だと盲目的に信じているので笑)日々進歩していたいですし、こんなところで止まっていてはそもそも話になりません。自分の自信の源は、やはりブログを通じて日々省察を重ね、自分の進む方向性を微調整しながら、毎日少しずつ成長していけることだと思っています。だから本来はブログのネタ不足というのはあってはならないことです。

しかし上記の通り、仕事が忙しいなどの生活のリズムが原因でネタ不足になってしまうのも仕方が無い面(避けられない面)もあります。しかしその場合でもブログを書き続けることで、自分がネタ不足に苦しんでいることを理解し、ネタ収集に苦労している自分にプレッシャーをかけていかなければいけません。もっと言えば、ブログをネタを探すという名目で、自分の生活に変化を付け、また仕事に没頭していくように変えていくような圧力にしていきたいと思います。つまりネタ不足だから書けないというのは甘えであり、今日のような内容のブログを書いていること自体がだめなんですけどね (汗)。ということで、明日から充実の内容を目指して、頑張りたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です