仕事の進捗を感じてやる気を維持する

せわしない日が続いています。色々な締め切りに追われている上に、それとは別で自分のためにやっておきたい仕事や勉強はたくさんあります。その結果として、多くの仕事が同時並行で進められるため、一つの仕事を大きく進めることはなかなか出来ません。一生懸命に頑張っているのですが一つ一つの仕事の進捗を見てみると大した進捗は見られず、なんだか粘性の高い泥の中を必死であがいているだけで全然前に進めていないような感覚に陥り、非常にストレスを感じています。まぁ、せっかちなんでしょうね (笑)。

実際のところ、どんなに一つの仕事に集中したところで、短期間で簡単に成果を挙げることはなかなかできません。と考えると、無理して短期間で成果を出そうとするのではなく、結局は長期間にわたって粘り強く仕事を進めることができるかどうかが、大きな成果を生み出すための必要条件になると思います。その意味では、日々進捗を感じることが出来ずに、結果として長期間タスクを継続するために必要なやる気が出ないような進め方をしているというのは、ちょっと良くないですね。

そんな時に思うのは、多くを望まずに何か一つだけでも目に見えて前に進めようと思うことが大切かもしれません。もちろん多くの仕事を同時並行で進めないといけないのですが、今日はこれだけは前にすすめてしまおうと決めて実行することにしています。

もちろん時間が豊富にとれるわけではないので、一つの仕事に集中できる時間はわずかであり、実際の進捗はそんなにあるわけではありません。ですがそれでも、タスクが進んでいるかもしれないと自分が実感できるくらいには毎日進めていきたいと思います。もっと言えば、とにかく仕事を小さなタスクに細分化して、ToDoリストを作り、終ったらそれを消していくというということに決めています。

ですので、仕事を進めるという意味はもちろんなのですが、むしろメンタル面で進捗を感じてやる気を出すために一つの仕事に集中するようにしています。どんなに全体として仕事が進まなかった日でも、『今日はこれだけは出来た』という思いをもって退社できるのは、精神面で非常に報われれます。もしも大して進めることが出来なかったとしても、チェックリストを消していくことで、『終わった!』ということを感じることができ、少しではあるのですが進捗を感じることが出来ています。このように上手に脳を騙すことで長期間にわたり自分のやる気を維持し、目標に向かって継続的に頑張って行きたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です