初マラソンを振り返って

今日、半年間目標にしてきたフルマラソンを走ってきました。ふと『フルマラソンでも走ってみるか!?』と思いたってノリで申し込んではみたのですが、これまでハーフマラソンの経験は何度かあれどもフルは初めてです。そもそも明らかに長距離には向いていない(無駄な筋肉や贅肉がたっぷりの)体つきです (汗)。それなりに準備はしてきたものの、スタートラインでは『ゴールまで走り切れないかもしれない』という不安の一方で、『これまでの練習の成果を試したい』という野心、そして体のコンディションもまずまずの状態でスタートに立てる感謝の気持ちなど、様々な思いを感じていました。

スタートの号砲がしてから5分後くらいでしょうか、ドキドキした気持ちが高まるなら、『辛かった練習を経ていれば、レースに出ること自体がご褒美でありあとは楽しむだけだ』というメッセージを(誰からか聞いたかどこかで読んだか・・・スミマセン汗)思い出し、思い切り楽しもうと思いながらスタートラインをまたぎました。

初めてのフルなので正直自分がどれくらいのタイムで走れるかも分からず、とりあえずサブ4(4時間以内にゴールすること)を目指してスタートすることにしました。キラキラと光る海を横目に見ながらのスタートになりましたが、思えば景色を心から楽しむ余裕があったのも、レース全体を通じてもこの時だけだったかもしれません。

スタートでは、幸運にもそれほどのスタート渋滞にも巻き込まれず、1キロの入りが6分ジャストとまずまずで入れました。そこからはペースを上げたくなる気持ちを抑えながら、10キロまではキロ5分半前後で行けました。事前に色々と考えていたことはあったのですが、この時間はただただ『腕を振る』『体幹で走る』ということだけを考えていたように思います。

10キロを超えると次第に余裕も出てきて、派手な仮装ランナーを見たり沿道の方の声援にも答えたりする余裕も出てきました。体も温まってきたせいか、意識はしていませんでしたが振り返ってみると若干ペースが上がっていて、5:20くらいで20キロまでは行っていました。ハーフではもっと速いペースで走っていることもあり、ここまでは順調だけどでいつ足が止まってしまうか分からない不安を抱えながら、走っていました。20キロを超えると体は少し重いと感じながらも、あと『残り半分!』と気合いを入れなおして5:30前後で淡々と行きました。長くなったので明日に続けます。


5件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です