価値をお渡し出来る存在でありたいと思った

今日は仲間内で『スゴい人!』と噂されていて以前よりずっとお話ししたかったSさんとお会いさせて頂きました。彼は自分よりも年齢はお若いのですが、もうすぐ会社を辞めて独立起業をされる予定とのことで、現在はその準備をされているとのことです。そんな超お忙しい中にお時間を頂き、色々とお話を伺わせていただきました。小一時間(?)くらいお話させていただいただけで、使っておられる言葉の質の高さで彼が優秀なことは、すぐに分かりました。しかしそれと同時に『応援したい!』とファンになってしまうくらい素敵な方でした!

そのお話の多くは実体験に基づいた普通の人が知らない非日常の世界であり、伺っていて本当に面白いものばかりです。その話の端々で、その他大勢とは次元の違う成果を出される人はこのレベルで行動をしているのか!?、というのが伝わり、それが非常に大きな刺激になりました。

その一例ですが、過去に1ヶ月間で50人に会われるプロジェクトを遂行され、今は2ヶ月で1000人に会うプロジェクトを実行中とのことです。単純計算で一日あたり16人、意味が分からん!(笑)

また『語学なんて3ヶ月でものになる。逆にそれくらいの短期間で仕上げてしまわないと勿体無い』という言葉も頂きました。一日5時間を使って3ヶ月なら450時間ならやれないことは無いでしょう。『言語を身につけるには1000時間の投資が必要』とも聞きますが、オーダーとしてはいい感じですね。『今年こそ、英語を徹底的に叩きこむ!』と毎年宣言をしていますが、全然その今年が来ない自分とは大違いです (汗)。しかも英語がいまいちなせいで、目の前の仕事のチャンスを逸し続けている自分には、『短期間で仕上げてしまわないと勿体無い』というメッセージは『グサり』と心に刺さりました 、あいたたた (汗)。

ということなどをはじめとして、彼の話を聞くと『自分守りに入っとるわ』ということを今日は気付かせて頂きました。守りに入ることで安泰ならそれでも良いのですが、変化の早すぎる今の時代、守りに入った瞬間に成長が止まり結果として自分を守れなくなる時代なのだと思います。もっと基準を高くして圧巻の行動量で攻めていかないと、他者とは違う存在にはなれないでしょう。そんな自分にとって大切なことを気付かせて頂きました。本当に有難いことです。

さて翻って、自分は彼に何をお渡し出来たか、またこれから何をお渡し出来るか、というと・・・今のところ何もないのはとても残念で、悔しくも思います。自分が関わる方に対して(有償・無償によらずに)何らかの価値を提供して喜んでもらうのは嬉しいことですよね。しかし喜んで頂くためには、価値あるものをお渡ししないといけません。そのためには自分の強みを再定義することが必要ですし、もっと言えば自分が強みだと思っていることを価値提供する方に発見してもらうことも必要なのかもしれません。その意味では自分はまだまだ全然出来ていませんが、その分だけ伸びしろがあるってことでプラスに捉えておきます (笑)。ということで、今日も一つ反省してまた一つ成長できたと思います(多分)。また明日から頑張ります!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です