仕事にノリ気がしない時の対策法!

今、大切なタスクを抱えています。このタスクは自分のキャリアに対して非常に大きな影響を与えることが分かっており、この出来如何では今後の数年またはそれ以上にも影響しそうな重要なタスクです。しかし、このタスクはある意味でチャンスと言い換えてもいいかもしれず、必ずやらないといけないとか、いつまでに終わらないといけないとか期限のあるものではなく、チャンスがあるうちに行動したら成果が出るかもしれない、という性質のものです。

ということで、なんとかチャンスに対してチャレンジしたい、チャンスをものにしたいとは思っているものの、でも何故かそれほど気持ちが乗らず、やる気が出てきません (汗)。まあ、理由は色々とあると思っていますが、その最も大きな理由は、行動していないからヤル気が出ないのだと思います。ヤル気が出ないから行動できないというのは誰もが納得すると思うのですが、その真逆である『行動しないからヤル気が出ない』というのも実は真実だと思います。自分の場合、特にその傾向が強く、行動しだすと勢いがついて来るのですが、そこに至るまでに非常に大きなエネルギーを要しているように思います。。。

上記に加えて、今回のタスクはこれまでチャレンジしたことのない種類のものであるために、イマイチやり方がよく分からないというのも本当のところです。そのため、それが実際のところどれだけ大変なもので苦手なものかさえ分かっていないのですが、単に苦手意識だけは感じていて、イマイチ乗り切れていない、という面もあります。そのため、苦手意識だけが先行している状態です。

しかし、こうやって文章に落としてみると、何故今すぐにやらないのか?このチャンスをふいにするつもりか?という焦りや怒りが生じるほど、今すぐに強烈に行動したいと思い始めました。さらに、乗り気がしない際の解決策など、すぐに立てられることに気が付きました。今、この文章を書きながらも行動したくてウズウズしています(笑)。

まず、この上記の通り書いてきたように、今の自分の状況を冷静に客観視してみることが大切です (0)。そして対応すべきだと結論付けたら、全体のタスクをいつまでに終えるかのデッドラインを自分で設定して、それを自分の生活の中心に持ってくることにします (1)。続いて、全体のタスクを、事細かなアクションプランにブレイクダウンします (2)。書類をプリントして確認するとか、○○さんにメールを書くとか、そのレベルまでです。こうなると苦手もへったくれもなく、単にやるかやらないか、のどちらかです。これが出来れば、各アイテムに対して (1) から逆算した期限を入れ、それを期限内に達成したら勝ちだとして、適当にご褒美を設定します (3)。このようにゲーム感覚まで落とし込むことが出来れば、早く各アイテムを潰したい、という気持ちに変わってきます。

ここまでやれば、あとは流れに乗ってやるだけです。と、書いていたら、なんだか早くも行動したくなってきました (笑)。この心の勢いを保ったまま、(1) から (3) のアクションを淡々と実行することで、目の前にあるチャンスを確実にものにしたいと思います。頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です