ブログの更新が滞っている本当の理由

4 月以降、このブログの更新が滞っているのですが、それには理由があります(と言い訳をさせてください汗)。それは、ブログを書く時間も含めて、自分が持っているリソースのほぼ全てを、学位論文の作成に当てているからです。

思えば自分が修士卒で会社に入社して以来、ずっと学位を取りたいと思ってきました。しかし、退路を断って学位の取得に本気で取り組み始めたのは、2012 年の 6 月だったと思います。その時の決心がブログに残っているのですが、肝心の決心の中身についてはボヤかして書いているので、今読み返してみると何のことか全然わからないですね (笑)。

#140 自ら渦を巻く ver.2 !

この 2012 年には、自分が仲が良かった学生時代の後輩や、自分が大変にお世話になった先輩が学位をとられた時期でした。なんとなく、「学位が取りたいなぁ〜」という思いから、から「絶対に自分も学位を取る」という決心に変わった時でもありました。

それから約 4 年が経ちました。その間、部署異動があったり、アメリカに行ったり、会社の体制が大きく変わったり、またいろんな(ここでは書けないような笑)ことがありましたが、やっと 4 年経って本当に学位論文が書ける目処が立ちました。本来であれば、2014 年度末までに取っているはずだったのですが、随分ずれ込んでしまいました。ここまで、本当に長かったのですが、まぁ途中で寄り道をいっぱいしたから仕方がないですね(笑)。

これまでの活動から 2014 年、2015 年、そして今年、英語の投稿論文をそれぞれ公開することが出来ました。これで、自分が主として関わった互いに関連した論文を三報発表出来たことから、おそらくこれらをまとめて総括することで、学位論文として認められると思っています。ということで、最近は(ブログを書く時間もないほど汗)学位論文を書くことに集中しています。実際に書いているときはそう思わなかったのですが、このようにブログに書いて報告してみると、少し感慨深いものがありますね。

学位論文を書くのも(日本語とは言え)それほど楽なものではなく、まぁ正直なところ嫌になったりもしちゃうのですが、これまでの道のりを振り返ってみると、そんな事は言ってられないですね。むしろ(2012 年の自分には何もなかった状態を思えば)、自分がこうやって論文を書けることに深く感謝すべきだと思っています。この学位論文は、これまでの自分の研究の総括でもあります。これまでの頑張りの集大成として、悔いのないように良いものに仕上げたいと思います。また明日からがんばります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です