複雑系である外の世界はワクワクの源である!

最近は、いろいろな環境の変化のために、新規な活動や外への働きかけをあまり行ってこれていないように思っています。例えばそれは、新規な仕事を始めたり、これまでお会いしたことない方にランチの約束を取り付けたり、プライベートでも新しいことを始めたり、などといった、とにかく新しいことです。

もちろん、黙っていても自分の置かれた状況に新しいチャンスが降ってくることもあります。しかしそういうチャンスはそれほどありません。やはり自分が能動的に何かを始めていくことなしには、新しい機会には恵まれないでしょう。

そのため、最近ではあまり新しいことが始まらず、自分のワクワク感が下がっていることに気づきます。 ワクワクするためには、自分が興味がある分野において、予想外の事や想定外の事が起きなければなりません 。そのために、もっと自分にとってチャレンジングなことや、他者を介在させることなどを、仕掛けていくことで、毎日ワクワクするようなことが起こせればいいなと思っています。

それを自分で仕掛けるためには、とにかく(自分のテリトリーの範囲内ではなく)自分の外の世界に対する働きかけを増やしていく必要があります。というのは、自分の外の世界は自分のコントロール出来る域を遥かに超えた複雑系だと考えることが出来ます。そのため、より他者が介在すればするほど、予想外の展開が考えられます。そこで、誰かを誘ってみたり、誰かに新しいことを提案してみたり、何かを売り込んでみたり、などなど、自分でも結果がどうなるか、反応が分からないようなことでも、取り敢えず、外に投げかけておけば良いでのしょう。あとは、寝て待っていれば、良い知らせが届くかもしれません (笑)。

最近、このような活動が減っているために、その分だけワクワクも減ってしまっているのも仕方ないですね。先が見えない状況では、なかなか新しいことを始めるのは難しいですが、だからこそ逆にワクワクするような事を、意図して生活の中に散りばめていきたいと思います。頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です