意味のない事には30分でさえ使わない

今日、会社の付き合いで「30分だけ来てほしい」と頼まれました。自分としては(少なくとも短期的には)意味を見い出すことが出来なかったので、考えた挙句、結局行かないことにしました。長期の付き合いもあるので、短期的な時間のことのみを考えて判断するのもどうかとは思ったのですが、それでも時間が勿体ないと感じられました。

「Noという勇気」ではないですが、自分の活動の優先順位は自分の重要性で判断するべきで、それに沿わないものには泣く泣く切っていかねばなりません。しかし、とは言え、周囲からの期待や同調圧力で、自分にとっての重要性よりも、緊急性で行動してしまいがちです。単に頼まれから、呼ばれたから、という緊急性もしくは他者の重要性で行動すること無く、たとえ短い時間でも、自分にとって納得のいかない時間の使い方は、可能な限りしないでおきたいと思っています。

この時に、「たった30分くらい」と言われるかもしれないですが、自分の可処分所得を16時間とすると、30分はその3%に相当します。と、考えるとこの時間って結構大きいですよね・・・。

実際に30分あれば、いろいろなことが出来ます。例えば、このブログの文章だって一本あたり30分間で書いています。また、1分あれば「ゼロ秒思考」のメモ書きを1枚書き上げることができます。30分あれば30枚書けます。「どんだけ思考整理できるんじゃい!」って話ですね。

確かに、単に30分あっても、ボケーっとして、無駄に過ごしてしまうのかもしれません。しかし、自分の意思で生み出した時間だからこそ、重要性や愛着も感じやすいでしょう。だから、このように生み出した時間は自分としては大切に使うと思います。

このように、そもそも人生は何をやって何をやらないか、の選択の連続です。だからこそ、主体的に行動を選択していきたいですね。この調子で、自分にとって必要な行動を主体的に選択していく癖をつけたいと思います。がんばります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です