気分良く生活をするために必要なこと

ここのところ研究開発組織の改編に伴い、いろいろとプレッシャーやストレスのかかる状況が続いています。そのため、何をやっていても気分が晴れず、鬱屈とした状況が続いています。しかしながら、現在の状況はどんなに長くても、あと半年で終わることは分かっています。あとちょっとの我慢だと思うのと同時に、今の状況でももっと楽しいことが考えられないかと思っています。

ということで、この状況が終わったら、自分は一体何をやりたいのかを自分なりに考えてみることにしました。すると、セミナーに行きたいとか、マラソンに出たいとか、そういった比較的お堅い案件がバンバン出てくるのはよくないですね (笑)。もっと、いま自分が犠牲にしていることを補えるような、そういうアイデアが出てくればいいのにと思っています。

そんな観点から考えると、楽しい事がやりたいですね。 そんな観点から考えてみると、「気分よく遊びたい」とか「気分よく勉強したい」とか「気分良く休みたい」とか、まずはそういった想いが溢れてきました。これらは、やってること自体は今とさほど変わりません。ただ単に、「気分良く」という事を自分が強く求めていて、大切にしているとことに気づきました。

ではなぜ、今は「気分良く」なれないのか、と考えてみたところ、自分の将来がクリアに見えてないことと、その将来像が自分以外の人の決断に委ねられている状況だからです。自分が何かを頑張ることで状況が改善するならば、自分の責任で思い切り頑張ることできるのですが、現在の状況では自分は殆ど何も出来ません。だから、正直気にしても仕方がないのは分かっているのですが、それでも気になってしまうんですよね (笑)。

ということで、いつも書いてることですが悩んでも仕方がないので、まずは今自分に出来ることをしっかりやります。そして大切なのは、自分の将来から(たとえそれが自分にとって都合が悪そうでも)目を背けずに頑張る、ということに尽きると思います。まぁ、それしかできないですしね。ということで、もう一度、気を取り直して頑張りたいと思います!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です