テンプレートの助けで目標設定の癖をつける

10月も終わり、もう11月になりました。もう年も暮れですね。この時期になると、大掃除、お歳暮、年賀状、帰省などの準備でいろいろと忙しくなります。そんな中で自分にとって年末のイベントの一つとして、手帳を新しくして次の1年の目標を立てるという事があります。

自分はこれまで長年、小宮慶一さんのビジネス手帳を使ってきました。1週間を見開きで見れる便利さに加え、経済指標を書く欄や月間目標等を書く欄があります。それに加え、月間目標を振り返って反省し、さらに長期の目標に繋げていくシートなどが付属しています。

この仕組みを持った小宮さんの手帳はとても好きだったのですが、どうしても許せない点がありました。それは紙の質です。本当に質の良くないペラペラの紙で、インクのペンで書くとすぐに裏移りします(万年筆を使う自分には最悪です)。これが本当にストレスで、今年は良質な紙を使った別の会社のシンプルな手帳を使っていました。

さて、手帳を変える時期になって今年一年を振り返ってみると、今年は以前ほどうまく手帳が使えていなかったように思います。特に以前ほど月間目標を立てたり、その目標を振り返ったりする意識が薄れてきていました (汗)。iPhone を使い始めてスケジュール管理のやり方が少し変わったことも影響してるかもしれませんが、手帳も変えたことに大きな原因の一つであると思います。

もちろん月間目標を立てる重要性は理解しているので、手帳にその目標設定用紙がなかったとしても自分でやれば良いだけです。しかしその用紙があるとないとでは意識する頻度や意識の度合いも変わってくることも事実です。「今月の目標は?」とか「目標の達成度合いは?」などを問う質問を与えられると、自ずと考えそして実行に繋げます。上に書いた通り、問われなくても自分で考えれば良いのですが、問われなければ忘れることも多々あります (汗)。

小宮さんの手帳の目標設定や振り返りのページもテンプレートの一種ですよね。テンプレートを与えられれば、自然とそのテンプレートの枠組にしたがって考え始めます。テンプレートって、便利だしとても効率的・効果的だと思います。実際にこの手帳のテンプレートは良く出来ていると思います。この仕組のおかげで自然と目標を立て、目標意識して走り出せる仕組みになってると思います。(ペラペラな紙は我慢しますので)これで来年は(?)大きく飛躍できるはずです、頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です