#391 宮崎さんみたいになりたい!

目標達成まで、あと 24 日!

(1)英語、
シャドーイング 315-350、
あまり進まず

(2)論文ネタ、
朝、△ 早起きOK も、十分な時間が取れず
昼、◯ 考察日本語修正
夜、◯ 考察英語修正

(3)その他活動、
同僚(N 尾さん)に悩み相談

(4)ブログ

昨日は、宮崎奈穂子さんの武道館ライブ DVD を見ていました。涙がでるほど、素直に感動しました。もちろん、音楽的にも、歌声も好きなのですが、それ以上の気持ちです。何故、自分がこんなに感動したのか、少し考えてみました。

まず、何より歌詞が心に刺さってきます。

・夢を追う勇気・熱い気持ちとその道を選ぶことの不安や焦り
を素敵な音楽にのせて発信されているからでしょうか。そのような熱い気持ちと不安とは、夢に向かっている人なら誰もが持っていると思います。そして、その不安の乗り越ようとする勇気にみな心うたれるのではないか、と思います。

また、夢を実現させるための姿勢、それは圧倒的な努力や行動であったりすると思うのですが、それがあるから、ますます深く共感できるのではなかと感じました。

加えて、宮崎さんの謙虚な姿勢、がとても印象的でした。実際にお会いした際も、とても丁寧で、思いやりの気持ちを、そして感謝の言葉を口に出されます。その謙虚な姿勢は歌詞にも現れているのかな、とも感じます。そんな姿をみて、みんな応援したいと思うのでしょう。

利他の気持ち、公を思う気持ち、があれば、みんなが応援したくなると思います。宮崎さんの曲の歌詞からも、歌うことを通じて誰かを幸せにしたい、元気づけたいという気持ちを強く感じます。

夢に向かって頑張っている人には応援したくなる
共感できる夢に向かって頑張っている人はさらに応援したくなる
「最初は自分だけの夢だった 今は自分だけの夢じゃない 私はあなたに喜んでほしい 私の夢だったあの武道館で」(路上から武道館へ)
彼女の著書や音楽に触れ、そして講演会でお会いして、彼女の武道館までのストーリーを聞くうちに、いつの間にかボクも宮崎さんを応援したいと思うようになりました。
最後に、そんな応援したいと思っている人、頑張っている人が、夢を達成する瞬間を見ることが出来たから、心が動いたんだとも思います。
ご本人が講演会でおっしゃっていたとおり、普通の武道館ライブは、カリスマ的なアーティストとそれに憧れるファンで作られるけれども、このライブの場合、夢を実現される宮崎さんと、それを心配しながらでも温かい目で見守るファン、という不思議な空気感のライブだったのかもしれません。
そんな温かい気持ちでライブ DVD を見ていたことに気づきました。
で。。。じゃあ、自分はどうやねん?、って自問自答しているうちに、ちょっと元気が無くなって来ました(汗)。本当は宮崎さんみたいになりたいです!

何よりまず、修養が必要です(汗) 。自分の事ばかり考えてちゃ。。。(でも最初はそれでいいのか?)

自分の論文書く PJ も、自分のキャリアのためだけではなく、もっと組織や社会に患者さんに貢献できるものであれば、やっていてもっと気分が良いだろうし、自分としてももっと力を出せるし、さらに周りから応援もしてもらえる、また応援はしてもらえなくても、温かい視線で見て見ぬふりをしてもらえるのになぁ、と思いました。

宮崎さんは「人生最大の夢がかないました。」ってライブで言っておられました。自分がこのように言える時っていつだろう?ってふと思いました。焦る必要はないのだけれども、漫然と生きるのでは人生はもったいない。
(今は世界で活躍するための充電期間で、いつか日本初の素晴らしい新薬で世界中の人たちを幸せにしたい、って本当は言いたいですが)
そのためにはとにかく講演会での学びを実践しておくことが重要でしょう。自分から動き出す、自分にできる限りの手を尽くす。歩きながら寝るまで頑張る。とにかく手数を打つ、それで失敗したらしょうがないと思えるくらい。
今は色々と悩みは尽きないですが、宮崎さんみたいに自分も頑張っていれば、後から振り返った時に、この地味な作業も、美しくそして尊く思える日がくるのかな、と信じで前に進みます!


2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    今日もアツいブログ、刺激を受けました!
    ぼちぼちさんの不器用ながらも、一生懸命前へ進もうとする姿は、僕も勇気をもらえます。ブログも読みやすくて好きです。
    これかも一緒に頑張りましょう!
    応援してます♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >やす177さん
    暖かいコメントありがとうございます!頑張ります。こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です