毎日必死の状況から何が学べるのか?

新しい仕事始めてから毎日必死で頑張っています。文字通り「もう後がない」というくらいの気持ちで仕事に取り組んでいます。そのため時々仕事が辛く感じられたりすることも無いわけではありません。

客観的に見ればこういう状況をストレスがかかっていると呼ぶのかもしれません。しかしながらこの状態が100%ネガティブかというと、自分としては決してそのように思ってません。むしろ(半分は強がりですが笑)自分が成長できると良い環境にいるのではないかと思っています。その意味では、今の「毎日必死」の状態を抜け出せた時は自分の成長を実感できる時だと思うのですが、その時にはその環境ではもはや大きな成長が見込めないことを意味しています。その時には、また環境を変える必要があるのかもしれません。

適度のストレスは自分を成長させる大きな原動力となります。それは自分としても実感出来ることです。もちろんストレスなどのマネジメントは自己管理の一環としてしっかりとやっていかなければならない一方で、今の負荷かかかるこの状況は自分がまさに求めていた環境です。うまく生かさないといけません。

その時に大切なのは「この状況から何が学べるのだろうか?」という問いを常に自分に発し続ける必要があるのだと思っています。この問いに自分が応えることで、成長のできる分野を意識することで、その環境をより上手く生かせるのではないでしょうか。ということで、このブログでも今、何を学べているのかについて(サボることなく汗)書いていきたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です