周りを幸せにする夢を語れるようになりたい

スポーツでも政治でも芸術でもビジネスでも、色々な分野において卓越した成果を出す人にはどんな共通点があるのだろうと考えることがあります。正直なところそれほどの共通点は無いとも言えるのですが、あえて挙げるとするならば以下のようなパターンがあると思います。

まず一つ目はそのことが本当に好きな人です。好きだから上手になったのか、上手だから好きになったのかは分かりません。しかし好きな事であればとにかく(ライバルと比較にならないくらい)長い間その活動を続けることができ、その過程で大きな成果が生まれるのでしょう。

二つ目は何故だか周りに担がれて、その流れの中で大きなことを成し遂げる人です。人の心を掴むのが上手い人と言えるのかもしれません。もしくは、時代の流れを上手く掴める人なのかもしれません。

三つ目は強い使命感を持ち、目的達成に向けて絶対に意志を曲げない人です。自分としては、この三つ目のポイントがとても大切なのではないかと思います。最近、医療に関わるNPOやボランティア団体の方にお話を伺う機会がありました。こういった方は病気で苦しむ患者さんを助け、そして病気をこの世から無くしたいという強い使命感に突き動かされているように感じます。そこは無私無欲の領域だとも感じられます。反対にビジネスでは、どんなに口では聞こえの良いことを言っていても、自分の利益を第一に考えてるのが透けて見える場面に出くわしがちで、多くの場合、興冷めしてしまいます。「チームのため」とか「会社のため」とか言いながら、「結局は自分のため」にやっているのだというのが見えてしまうと、自分としても「自分を二の次に置いてでもサポートしたい」とは思えなくなってしまいます。

もちろん誰でも自分の事が大切なのは当たり前なので(自分自身もそうですし)、ある程度は自分のことを考えてしまうのは仕方がありません。しかしながら、それでも公が一番で次に自分の事を考えるという方が、周りには支持されやすいのではないかと思います。二つ目に書いた周りに担がれる人というのは、自分を二の次にできるような人である場合も多いと思います。

では、このような人達は単なる自己犠牲の人かと言えばそんなことはなく、「自分の周りにいる人を幸せにしたいという自分の夢」を持っている人たちだと思います。このように「周りの人の思いと重なるような自分の欲」を持つことができる人は多くの人に支えてもらえるのでしょうね。自分も「革新的な医薬品を患者さんに届ける」という夢を周囲からサポートしてもらえるよう、(自分のことが一番大切という思いは少しだけ脇に置いて笑)頑張っていきたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です