#460 頑張ったご褒美としての贅沢!

目標達成まで、あと22日!

(1)英語、
37-58章、
45分、

(2)論文ネタ、
活動、データ解析
時間、1hのみ (汗)

(3)その他活動、
ロジカルシンキング勉強会 + 打ち上げ

(4)ブログ

今日は久しぶりに遊びに行きました。と言ってもロジカルシンキングの勉強会の打ち上げで、これまで頑張ったご褒美です!地元ではちょっと名の知れたお寿司屋さんに行って、美味しいお寿司をたらふく食べて来ました!
美味しい食事を食べることは大好きです。サーフィン以外の遊びを殆どやめてしまった最近の自分にとって、美味しい食事は唯一に近い娯楽・贅沢ですのでそれだけで非日常の刺激になります。

しかし特別なことが無いのにただ贅沢をするよりも、今回の様に何かを達成した後の贅沢はうれしさが違います。これまでの苦労が報われる感覚や、達成感などをより感じることができます。(もちろん本来は、ロジカルシンキングを仕事で生かして成果が出た時に、頑張って良かったと思うのでしょうが。)

しかも一緒に頑張ったメンバーとの打ち上げなので、これまでのお互いの苦労がよく理解でき、それがご褒美により報われた感覚を得やすいのではないかと思います。
飲みに行く時間が有れば次の投資に回した方が良いのではないかという考え方もできます。しかし頑張った後には脳を喜ばせるためにプチ贅沢をするということは、「頑張った後にはきっと良いことがある」という思考習慣の定着にとって正しいことだと思います。
論文を書いて学位をとるまで、さらに世界に通用する研究者になって新薬を創出するまでの道のりはまだまだ長いのですが、正しい方向に進みさえすれば必ずゴールできると信じています。そのためには継続的に活動してく必要がありますが、ご褒美という非日常を良いスパイスとして使いながら、頑張って行きたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です