一日の集中力は有限だと思う

先日仕事をしていた時のことですが、どうしてもやる気が出ず、また仕事に集中が出来ずに困ってしまいました。理由はいくつかあって、精神的なもの、仕事の先送り癖、さらに睡眠不足による極度の集中力の低下がありました。こんな時には早く帰って寝て、元気を取り戻すのが一番だと思っています。

しかし、大切なことはこのような状態になってしまう前に、やる気や集中力を落とさないように気をつけることです。特に集中力に関しては、1日のうちで集中力が持続する時間は限られていると思っています。自分は意識していなくても、ネットニュースやSNSを見ていると、だんだんと疲れが溜まってきます。もちろん目や肩の肉体的な疲れもありますが、それとは別にたくさんの情報を脳が受け取ったことで集中力を使っているように思います(科学的な裏付けはありませんが)。

本当のところはよく分かりませんが、もしも集中力に限りがあるとすれば、集中力をなるべく浪費しないようにしなければなりません。自分が毎日やるべき仕事のうち、集中力や気力を必要とするタスクは、集中力が残っているうちになるべく早く優先してしまうことが大切です。例えば仕事で疲れきってクタクタになった後、ブログを書こうなんて思っても、正直なところそんな集中力は残っていません。

となれば、1日のうちに何をどの時間帯にやるべきかが本当に大切です。もっと言えば大切な仕事は先にやってしまわないと駄目で、後になればなるほど集中力が残っていないという状況になります。このように集中力は徐々に低下してしまうことに対して危機感を持つのが良いですね。苦手な仕事を先送りすることなく、先手先手で仕掛けていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です