#491 会議英語表現丸暗記40日間PJ!

目標達成まで、あと40日!

(1)英語、
1周目、
1-3章、
30分、

(2)論文執筆、
活動、
時間、

(3)論文新ネタ、
活動なし

(4)ブログ

会議英語の表現を覚えようとう英語の新しいプロジェクトを始めました。自分たちが仕事で使う英語はプレゼンの英語と会議の英語がほとんどです。仕事に直結する内容なので、やればやる分だけ仕事に生きているはずです。

今はまだ始めたばかりなので、まだほとんど知っている表現はなく、なかなか覚えられません。ですがこの最初の苦しい時期を超えれば、あとはどんどん記憶に定着してきます。だから今が頑張りどきです。この最初の苦しさを乗り切るための自分なりのポイントを挙げておきます。

まず1つ目ですが「一個覚えれば一歩進む」ということを実感しながら勉強することです。もちろんゴールは「必要な表現をすべて暗記して自由に表現できること」ですが、まずそれには目先の一つを覚えなければ始まりません。「この先にあと何個覚えなければならない」などと先を考えて暗くなるより(笑)、まず目の前の一つ一つを確実に覚えていくことが大切でしょう。

2つ目は取り掛かりの精神的な苦痛に慣れることです。ボケーとしている時間は一日のうち結構あり、その時間をもし暗記に当てることが出来れば相当進みます。ですが取り掛かり始めるまでが苦痛で、取り掛かることが出来ません。実際に勉強を始めると楽しくできることは分かっています。だから最初だけ、取り掛かりを早くすることを意識します。

3つ目は、いつもどおり習慣の定着の方法を使うことです。ゴールを決める、一日のあたりの活動を決める、仲間を見つける、衆人環視の状態を作る、中間のチェックポイントを決める、ご褒美&罰ゲームを決める、成長を確認できる場を持つ、などでしょう。

ゴールは7月26日、金曜日です。ここまでにテキストを全て丸暗記することです。今日をいれて残り40日あります。最低5周はしたいと思います。ということで、毎週1周繰り返すことを目標にやっていきます。そうすると一日あたりの活動は平日は2章、土日は見直しとなります。楽勝ですね。今回は音声ファイルもついており、全部で20分です。記憶が定着してくる3周目以降には音声のシャドーイングなどを用いて実際に使えるようにしておきます。

今回は同僚5人とやります。毎週同僚とランチをして進捗を確認します。テストの日にはお気に入りのお寿司屋さんで”パーっと”打ち上げをやります。ご褒美を楽しみに頑張ります!

また、二ヶ月後にまた海外サイトとの英語会議があり、そこでファシリテーターをやれと言われています。上手に仕切れるようになっていることを夢見て?(笑)、日々精進したいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です