#502 英語を頑張れる理由!

目標達成まで、あと29日!

(1)英語、
2周目、
1-2章、
10分、

(2)論文執筆、
活動なし

(3)論文新ネタ、
活動なし

(4)その他活動、
仕事!

(5)ブログ

英語頑張っています(最近サボりがちですが)。クソ忙しいなかこれまで頑張って英語の勉強がやれている理由は、強い必要性を感じていることが第一の理由なのですが、上手に使えなくて悔しい思いをする機会が多いこと、さらに上達を感じることが出来る環境にいることも一つの要因だと思います。

後ろの2つの理由は、定期的に英語を使う機会があるからこそ感じることが出来る理由なのだと思います。

会議、メール、論文を書く、企画書を書く、などなど英語で困ることは日常茶飯事です。これでも以前よりは大分マシになってきてはいるのですが、それでもやり取りに長い時間がかかったり、稚拙な英語をつかって恥をかいたり、細かいニュアンスが伝わらず意思疎通が上手くいかなかったりと、いつも苦い思いをしています。その度にこれでは駄目だ!と思い直す機会があることが英語学習へのモチベーションにつかがっていると思います。

一方で、まだまだ下手な英語ですが以前よりは大分マシになっていることは疑いようがありません。なかなか自分自身で上達を感じることは難しいのですが、それでも英語の苦手な同僚から質問を受けたり、彼らの書いた文章を読んだりすると、「あー、自分も苦労していたな~」と思います。また、以前に失敗した事などもその時点で学んでしまえば、すぐに次に使う機会がありまさに失敗から学ぶことができ、記憶の定着には非常にプラスに働いていると思います。やはり自分も同僚も英語を使わざるを得ない環境にあるので、そのように感じることが出来るのでしょうね。

これまで英語を使う機会が無かった時代も、実は多くのお金と時間を投入して来ましたが、その割には対して上達はしなかったように思います。一方で最近特に上達を感じることが出来るのは、結局必要に迫られて勉強しているので、そうでない場合と比較して集中力や意思が全然違うのでしょうね。

英語を頑張るべき、とか、英語がもっと出来たらいいのにな~、とかいう状態ではなく、英語ができないと食っていけない、英語ができないと夢を達成できない、と本気で思っているからこそ、まじめにやっているのだな~、とつくづく思います。

ということですので、もっとまじめに頑張らないとダメですね(汗)。今日から気合いを入れなおして計画的に学習をしていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です