#505 論文書く PJ 一年目の総括!

目標達成まで、あと26日!

(1)英語、
2周目、
7-8章、
10分、

(2)論文執筆、
活動なし

(3)論文新ネタ、
活動なし

(4)その他活動、
仕事(汗)

(5)ブログ

「学位を取るために論文を書く、その為に他のことを大概は犠牲にしても良い」と決心して活動をし始めてから、ちょうど一年くらいになります。当時の決心と活動の開始について一応このブログでも書いてはいるのですが、ぼやかして書いているので今読み返してみても何のことはよくわかりませんね (汗)

#140 自ら渦を巻く ver.2 !

まあ、何はともあれ一年も経ってしまったわけです (汗)。もう本当にあっという間の一年間でした。盆休みに一人合宿?をしたり、仕事をサボりすぎて業績評価面談で上司から怒られたり、禁酒したり(まだ継続中!)、薬の開発方針のため最初の論文の投稿が1年以上延期になってしまって落ち込んだり、いくつか鍵となる良いデータが得られて喜んだり。。。あっという間とはいえ、ちょっと振り返っただけでもこの一年間でいろいろと有りました。

さて、ではこの一年間で何の成果が出たのでしょうか?うーん。今のところ顕在化した成果はゼロでございます (汗)。だけど会社の状況が許せばすぐに出せるくらいまで完成している論文が2報あることは、自分にとっての「一応の成果」と言っても良いのかもしれません。

一方で成果として目には見えない無形のものとしては、渦を巻く力、英語力、研究をまとめる力、時間の使い方、自律心などなど、これまでのどの一年間とは違う内的な成長があったと思います。この成長は自分では間違ないと思っているのですが、無形だけに目に見えないこと、さらにまだ成果も出ていないので何の説得力もないところが本当に辛いところですね 。。。

いろいろな失敗もしました。人間関係、仕事関係、その他いろいろです。元々有限のリソースのうち論文関連以外をほぼ全て切り捨てているので、まあ問題は起きるのは仕方がありません。痛い失敗も中には有りましたが、大切なのはココから何を学び、自分の糧にできるかだと思っています。

このブログを見てくださる方も、そうではない方も、自分の活動に対し様々なサポートをして頂きました(コメントを下さったり、またブログみてるよ~、のひと言だけでも嬉しいです)。本当に有難うございます。早く活動を終了して、本来の創薬研究に戻ることが何よりの恩返しだと思っていますので、気を抜かず頑張ります。

さて、今日でもう六月も終わり今年も半年が過ぎ、会社では第一四半期が終わりました。論文を書く活動はまあまあ順調に進んではいますが、一方でもっと頑張れるという気もしています。

特に自分の場合、目先の仕事は頑張ってはいても戦略の失敗が多く、頑張った結果何の成果も得られなかったというケースがいくつか見られます。これは勿体ないですね。成果に繋がらることを確実に遂行し、ゴールに近づいていきたいと思います。その為に、自分が今やっていることの振り返り・作戦の時間をしっかりと確保することが大切です。最低週一回、まとまった時間を確保します。

ということで、(明日あさっては仕事が死ぬほど忙しいので)また明々後日から、論文の活動に集中をしたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です