#519 理想の自分を書いていこう!

目標達成まで、あと11日!

(1)英語、
3周目、
9章、
60分、

(2)論文執筆、
活動なし

(3)論文新ネタ、
活動なし

(4)その他活動、
休養

(5)感謝、
ブログで刺激をくれるセミナー仲間

(6)ブログ

ブログには毎日前向きな事しか書いていません。実際に、知り合いに紹介する際には、現実との解離のあまりの大きさに恥ずかしくなってしまいます。ですが、ブログではありたい自分の姿や理想像を書くことにします。
というのは、自分がこうなりたい・こうありたいと書けば書くほど、上記の通りギャップに苦しむことになります。その結果、現実を改め少しでも理想に近づこうとするようになります。その進歩はごくわずかもしれません。ですが、もしギャップに悩まなければ、そのわずかな進歩さえ見られないかもしれないわけです。ギャップに悩みそれが自分を律する力になることで、ほんの少しでも進歩していけるのではと思います。
確かに現実との解離は苦しい思いがしますし、なぜこの苦しみを味わなければいけないのか、と思うこともありますが。ですがこの苦しみは、「もっと自分を成長させたい」という思いの裏返しであり、この思いやその解離からくる苦しみに目をつぶって気づかないふりをして長い年月が経っていくことの方がよっぽど怖いです(10年後に、昔の自分から何一つ成長していない、なんて絶対に思いたくは無いですし)。だからこの苦しみは自分にとって健全なもので、むしろ成長の大きなチャンスだと肯定的に捉えるべきなのでしょう。
そもそも目標設定のコツを考えると、届かなそうな目標にするから意味があるのだと思います。妥当なありたい姿を書くより、もっともっと理想の自分をイメージして、出来ないかもしれないくらいの姿を書いていくことにします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です