熱量の高い場に自分をおいていたい

最近、また色々なご縁(?)で非常に優秀でかつやる気のある若い人たちと一緒に勉強会のようなものをする機会を頂いております。その中で、若い方たちに、将来の目指すべきキャリアに向けて色々と頑張られるためのお手伝いのようなお話をさせていただいております。形としては私がこれまで学んできたことなどをお伝えするという形ですので、事前の準備もいるし、それなりに工数と労力を割いていますが、一方で自分が何か教えていただくというような場ではありません。

じゃあ、なぜそんな活動をやっているかといえば、若い人たちが作り出す熱量の高い『場』に自分をおいていたいと感じるからです。社会人歴も長くなっていると、なかなか自分が成長しているという実感を得ることは難しくなります。それは原理的にもっともなことで、あらゆる分野においても習熟の度合いが上がってくると、そこからさらなる習熟を目指していくにはより多くのインプットが必要になります。もちろん自分としては、自分自身を常に成長できる場においていたいと思っており、日々新しいことに挑戦したいとは思っているものの、やはりそれにも限界はあります。

一方で、社歴の浅い若い人たちの成長や変化には目を見張るものがあります。もともと出来ることが少ない状況であってもその人達なりに努力や経験を重ねてくれば、それこそ頑張れば頑張った分だけ伸びる状況なのだと思います。その吸収力や成長スピードは目を瞠るものがあります。現時点での能力やスキルの『絶対値』では、社歴の長い私の方が高い位置にいるかもしれませんが、変化率では全く敵いません。彼らはどんどん成長しています。さらに、新しいことに挑戦し、出来ないことが出来るようになると、それが成功体験になり更に次の成長へと向かう原動力にもなります。さらにこのように変化率の大きな若者たちが、互いに刺激しあい、切磋琢磨し、高めあっていくような場になっていると思っています。

自分としては、このようにどんどんと成長していく若い人たちと同じ場にいさせていただくことに深く感謝しています。というのは、その場に一緒に居させていただくだけで、成長し変化する若い人たちの熱量を感じることが出来るからです。『熱量の高い場』とでも言うのでしょうか。正直に言ってしまえば、そのような『場』に居られるだけで、多くの人は成長ができると思っていますが、一方で歳を重ねるにつれ、そのような場を求めることも難しくなるのは事実です。

その意味では、自分が学んできたことをシェアするくらいのことで、この場に加えていただけるのであれば、むしろそんなお安い御用(笑)、ただただ感謝です。自分も若い人たちの変化するエネルギーを感じながら、その変化に少しでも追いついていくべく、日々精進したいと思います!さて、もう週末ですが、また明日から頑張りたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。