かたちより入ることの大切さ

自分は何かを始める際に、まずかたちより入ることが非常に多いです。例えば、とりあえずランニングを始めよう(再開しよう)と思えば、最新のランニングシューズを買う、何かの分野を勉強しようとするととりあえずその分野の教科書を買い漁る(読むかどうかは別にして笑)、痩せようと思うと WiFi 機能付きの体重計を買う、オンライン英会話を始める際には(コールセンターで使われるような)プロ用のヘッドセットを買う、みたいにまず買い物から入ります。例えば、ブログを書き続けようと思い立った時も、iPad Proと専用のキーボードを買って、(一応その気になれば)いつでもどこでもブログを書けるようにしています。

まあ、実際にこれらのツールをどの程度使っているかと言われると、正直ケースバイケースではあります。残念ならが iPad はブログを書くのにほとんど使っていません(笑)。じゃあ、無駄だったかというと、そうでは無いと思っています。習慣はちゃんと続いてます。ランニングも続いているし、英会話もぼちぼちやってるし、体重・体脂肪は毎日測ってモニターしてるし、ブログだって書いています。

これらの買い物(投資)は、何かを始める際に自分のコミットメントを高めるように働いているのではないかと思います。つまり、せっかく高い金を出して買ったのだからすぐに辞めてしまうのは勿体無い、すでに投資をしているので、その投資額以上を取り戻すまでは辞めれない、といったような思いが生まれます。要はこれらの想いが継続へのエネルギー、モチベーションにつながっていると思います。

加えて、新しいギアで運動したり、勉強したり、作業をしたりすると、それだけで楽しい気分になれるじゃないですか。例えばランニングシューズを取り上げると、最近のシューズの進化は素晴らしく、その機能に本当に感動します。私が最近買ったアシックスのグライドライド3は、前作までのコロンと転がるようなガイドソールテクノロジーに加え、今回採用されたフォームによるクッションと反発力には驚きました。楽にいつまでも走っていられる、本当に走るのが楽しくなる、そんなシューズです。減量のために走るのですが、それよりもむしろ新しいシューズで走りたい、と強く思えてきて、週間の定着のための大きなモチベーションの一つになっています。

まあ色々と書きましたが、自分が何かを習慣化したいと思う時に、さまざまなギアを買ってかたちから入るというのは、なかなか有効に働いていると思います。もちろんお金は有限であり無駄使いは良く無いのですが、良い習慣を完全に身につけるためにはいくらお金を払うかと考えると、多くの場合、大金を払ってでも身につけたいと思います。それに比べると、多くの場合、ギアを買う額なんてたかが知れています。(いや、決して無駄使いを正当化しているわけでは無いのですが笑)お金という持てるリソースを有効活用し、良い習慣を身につけるようが出来るよう工夫していきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。