#561 後悔をしない活動のために!

学位 PJ 第二期終了まで、あと39日!

(1)論文執筆、
活動、活動なし
時間、0h

(2)論文新ネタ、
活動、海外の同僚とメールのやり取り、今後の計画
時間、1h

(3)英語、
活動、Print your own medicine
時間、15分、

(4)その他活動、
体のケア、

(5)感謝、
サポートしてくれる海外の同僚

(6)新しい挑戦
なし。

(7)ブログ

よく聞く言葉に「失われてはじめて大切なモノの存在に気付く」ということがあります。特に最近は、この言葉を意識して後悔のないように過ごしたいと思っています。失ってはじめてありがたさに気付くものとしては、健康であったり、人間関係であったり、そして時間であったりするでしょう。

仕事に関しても同じことが言えるかもしれません。今、取り組んでいる仕事や論文を書くための活動も、いつまでも出来るわけではないし、別の仕事が入れば今の仕事は終わりにしないといけません。

自分の目標に向かって集中して活動できる環境は、改めて考えてみると「いと有り難きこと」なのだなと思います。だから後悔のないように活動したい、時間を使っていきたいと思います。

後悔をしないためには、今精一杯生きること、今の出来事に対する直感と将来の自分を支える理性のバランスを常に考えながら活動すること、つきなみな表現ですがこの2つに尽きると思います。

もしかしたら一生懸命にやった結果、失敗をしてしまうかもしれません(もちろん絶対に失敗しないつもりですが!)。表現が適切ではないかもしれませんが、もし精一杯活動できて後悔がなければ、結果が失敗だとしてもそれでも良いと思っています。

自分が納得できるような活動になるよう、長期のゴールを見据えながら、同時にまず今日の行動から変えて1つずつ積み重ねていきたいと思います。そして、ありがたさに気づかないくらい当たり前になっていることに対してこそ感謝をし、大切に過ごしたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です