英語で生活していくということ

今日はインターネットで買い物をしました。アメリカにきてネット通販をするのは初めてだったので支払いにもトラブルもあり、色々と難儀しましたが、とりあえず注文が完了しました。品物の到着が楽しみです。

今日はいくつかの会社から買い物をしたのですが、その中で大変だったのが衣類です。アメリカへの引っ越しの荷物の量の限界で、あまり洋服を持って来れませんでした。特に冬服が全然ないので、寒くなる前に買っておこうと思い色々と調べていました。季節はまだ夏で暑いからか、昨年度の冬服(フリースやジャケットなんか)がずいぶん安く買えそうだったためです。

日本で馴染みのある品物の買い物であれば全く苦労しません。例えば、(アメリカで買うと高いので買いませんが)ユニクロもこちらで買うことが出来ます。ユニクロであれば、サイズ感や品質などが大体わかっているので、試着などをしなくても簡単にオンラインで買い物が出来ます。

一方よく分からないブランドだとそうも行きません。例えば、今日は The North Face のジャケットを買いたかったのですが、色々と苦労をしました。The North Face は日本でもとても人気でよく見かけますし、私もたくさんアイテムを持っていますが、日本とアメリカではラインナップがずいぶん違います(日本ではゴールドウィン社が商標権を取得し手織り、日本人向けの独自の製品も出していますからね)。とはいえ、日本とアメリカで、製品に対する哲学、素材や品質に大きな差はないと思っているので、アメリカ市場の製品を買って見ようと思いました。

しかし、アメリカ向けの製品(例えばジャケット)を買うには、もし自信を持って買おうとすれば、製品の規格やサイズ、性能、評判まで、何から何まで全部調べなければいけません。もちろん情報は全部英語です。同社のオフィシャルサイトはもちろん、通販サイトでのレーティング、さらには YouTube でのレビュー動画までさんざん調べまくった結果、なんとか情報を得てそれなりに自信を持って注文が出来ました。

とまあ、買い物をするのに色々と英語で大量の情報を調べたのですが、英語で調べたわけです。この時の英語に対する感覚はこれまでと大きく違いました。日本にいるときは、英語は仕事のツール、または勉強の対象という感覚が強かった(英語で調べ物もするので100%ではないにしろ)ですが、今日は英語を生活の中で使ったという感覚を強く持ちました。

このように英語で生活していくことで、自然と英語力が伸びていけばいいなぁ、と思ったわけです。正直、英語をなるべく避けて生活することも可能です、部屋にいて日本の YouTube を見て、日本人スーパーに行って買い物し、日本人と食事や飲みにいけば良いわけですから。しかし、それではせっかくのアメリカ滞在の利点を最大化できません。これはもったいないですね、アメリカにいる間は、なるべく英語で生活し、なるべくアメリカでしか体験できないこと、経験、出会いを求めていきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。