#621 目先の問題の負荷から逃げない!

帰国まであと 171 日!

(1)論文、
活動、活動予定のまとめ
時間、>3h

(2)英語、
活動、単語2周目 1-200、論文音読
時間、2h

(3)その他活動サマリー、
インフォマティクス系のオリエンテーションを受ける

(4)陸トレ、
OK、64.3kg

(5)感謝、
励ましてくれる日本の同僚

(6)新しい挑戦、
自己紹介して話しかける!習った表現を使ってみる

(7)ブログ、

こちらもだんだんと寒くなりつつあります。日差しが出ている時は T シャツ一枚でも問題はないのですが、朝夕はかなり冷えてきます。昨日はほぼ時差ボケの影響もなく寝ることが出来ました。そして朝起きて夜遅くまで仕事をして、そして英語をやってブログを書いて間もなく寝る、というストイックな生活をしています。まあ、それを望んでこちらにやってきたので良いことですね。結果がまだまだなのが心配では有りますが、この調子で頑張りたいと思います。

今日から本格的に目標達成のための活動を開始しました。行動を始めたことで、これまで抱いていた「目標が達成できなかったらどうしよう?」という漠然とした捉えどころのない不安はなくなりつつあり、現実的な不安になり始めました。例えばこのままでは間に合わないとか、必要なリソースが足りないとか、です。

これは良いことです。と言うのは、悩みが具体的になったことで、対処が可能な不安だからです。しかも悩みがどれだけ深刻なものであるのか、すぐに分かるからです。

ボクの場合、良くあることなのですが、問題に取り組まないことから上記のような漠然とした不安が生じてしまい、さらにその不安が大きくなることにより問題に取り組みたくなくなる・問題を遠ざけてしまうという負のスパイラルに入ってしまいがちです。

短期的には目先の苦痛から逃げることができているのですが、結局のところ長期的視点で見ると、状況は悪くなる一方です。

上記のような敵前逃亡癖を何とかしないとダメですね。目先の自分の感情に騙されることなく、自分自身を俯瞰し本当に大切なことは一体何なのか?について常に考える必要があります。この長期視点および俯瞰視点での思考の停止が全ての原因のようです。

もう一度、自分にとっての目標を見直し、戦略的に自分の生活を考えるための時間を取るようにします。多分それは朝がいいのでしょうね。誰もいないオフィスで考えることが出来るように少しづつ時間帯を早くしていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です