#693 自分の活動に対する納得感を持つ!

帰国まであと 101 日!

(1)論文、
活動、参考文献を読む
時間、1h

(2)英語、
活動、活動なsい
時間、0h

(3)その他活動サマリー、
出張準備

(4)陸トレ、
OK

(5)感謝、
美しい景色と温暖な機構

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
新規な解析法を学ぶ

(7)ブログ、

今日は仕事を定時で切り上げて、海岸に散歩に行きました。美しい風景を見て、少し心が満たされました。野生のイルカが泳いでいるのが陸から見れてとてもラッキーでした。

さて、本題です。色々とストイックに活動をしていると、『果たして自分は人生を楽しんでいるのだろうか?』とふと疑問に思うことがあります。様々な娯楽に(一応は)背を向けて、目標達成に向けて活動していると、娯楽の時間さえ無駄に思えることがあります。そのような考えが頭に浮かぶ時、これが自分の望んでいる事なのか?一体何が正しいのか?分からなくなってしまい、同時に小さな悲しさが胸にこみ上げてくることがあります。

そもそも人生の目的は何かと問われると困ってしまうのですが、「色々な意味で楽しむ事」がその一つだと思っています。その意味では、娯楽的な楽しさも大切なのですが、何かの目標を設定しそれに向けて頑張って達成した喜びは、何にも代えがたい喜びがあると思うんですけどね。

もちろん切り替えやバランスは大事なのだと思います。娯楽的な楽しさだけでは成長できず、ストイックすぎる生活は仙人みたいでこっちも考えものですよね。

だけど結局のところは、自分自身が自分の生活や人生に納得が出来ればいいのだと思います。自分が納得できれば、好き好んで娯楽的な楽しさを追求するも、仙人を目指すのもどちらも良いのだと思います。

その意味では、自分は長期的な視点に立って、短期的な娯楽を減らしていこうと決心は出来ており納得は出来ています。だから自分のやっていることは長期的に見れば正しいことなのだろうと思います。いつか将来に振り返ってみた時、頑張って活動してよかったと心から思えるのだと思います。

時々湧いてくる少しの悲しさは、自分の短期的な視点が出てくるからなのだろうと思っています。そんな時には、自分に長期視点や努力や節制の大切さを教えてくれるような本なんかを読めばいいのでしょうね(自助論とか)。

まあ何はともあれ、何も疑問に思わないよりも色々と考えることは良いことだと思います。自分の人生は自分でコントロール出来るということを忘れずにいたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です