#731 健康な食生活は投資である!

帰国まであと63日!

(1)論文、
活動、2報目校正
時間、2h

(2)英語発声練習、
OK

(3)その他活動サマリー、
小出張、

(4)陸トレ、
OK、65.2 kg、

(5)感謝、
元気が戻ってきたこと

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
小出張で無事責任を果たす!

(7)ブログ、

今日は仕事関連でいろいろとあって午後から夕方まで近場に出張をしていました。待ち時間がほとんどだったのですが、その時間もムダにせず充実した時間を過ごすことが出来ました。

さて、本題です。先日も書いた健康に関して、今日はアメリカでの食生活について思うところを書いてみます。というのも男の一人暮らしなので、3食自分で賄わなければなりません。これが少し大変です。

日本はスーパーやコンビニ、外食産業がとても充実してることもあり、安全で新鮮な食べ物を簡単に手に入れることが出来ます。例えば、良いか悪いかは別にして多くのコンビニが保存料を一切使わずに新鮮な食材を提供しています。いろいろな食の安全に関わる怖いニュースも目にしますが、それでもコンビニやスーパーの食品と外食だけでも、それほど健康を損なわずに暮らしているのではないかと思います(10 代後半から 20 代後半までそんな生活をしていました汗)。その意味でも日本は素晴らしい国です。

一方で、アメリカには日本のようなコンビニなって有りませんから(セブンイレブンなどはあるものの乾き物やホットドック、ナチョスくらいしか売っていない)自炊しない場合は外食となってしまうのですが、油っこくて、カロリーたっぷりのファストフードが中心です。ハンバーガーとポットとシェイクだけで成人男性一日分のカロリーがまかなえてしまうから驚きです。。。

もちろんお金を出せば健康志向のレストランに行けたり、車で少し行けばそうではないレストランを見つけることが出来るのですが、毎日外食だけで健康的な食生活をやっていくことは至難の業だと思います。ということで以前にも書いたとおり、ガラにもなく自炊を心がけています。

体が資本で、健康であることが全ての前提にしている以上、食べ物には気を使って健康な体を保たなければいけません。

少し値段は高めですが、健康食を集めたのスーパーもあるので、そんなところに出かけて野菜だと果物だとかキノコだとかヨーグルトだとか、フィッシュオイル(!)だとかを買ってきて、食べています。値段にはある程度目をつぶります。もちろんもっと時間をかければ多くの食材を試すことができるのでしょうが、それが主目的になるのもおかしな話なのであくまでバランスを取りながら。

健康な食生活、食習慣は、長期視点で見れは健康に対するかけがえの無い投資だと思います。自分の場合、放っておくと好きなものばかり食べたり、不健康なものばかりを食べたりしがちなので、投資の意味をこめて帰国まで健康的な食生活をするように自分を躾けていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。