#761 不都合な真実から目を背けない!

帰国まであと33日!

(1)論文、
活動、四報目データ整理
時間、1h

(2)英語発声練習、
活動なし

(3)その他活動サマリー、
論文を読む

(4)陸トレ、
66.0 kg、OK

(5)感謝、
苦言をくれる先輩

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
速く帰って家で仕事をする

(7)ブログ、

昨日は少し問題があって、深い眠りに付けませんでした。そのため今日の活動の集中力が非常に悪く、非生産的でした。眠りの質を高めることに気を使い、昼間の成果につなげていきたいと思います。

さて、本題です。今日は先輩にアドバイスを貰ったというか、苦言を頂きました。大人になるにつれて、自分の為を思ってわざわざ苦言をくれる人はいなくなってくる中で、今回の件は本当にありがたいです。自分に期待してくれているということで、素直に受け入れたいと思います。

自分としてはいろいろと言い訳したい点もあるにはあるのですが、誰が悪いとか、誰が〇〇をしてくれないから、とか言ったところで自分では解決できません。他の人が変わることを期待するのではなく、自分がまず変わりその結果として相手を変えるということでしか状況は改善できないと思います。

指摘していただいたことは自分でも気付いていたことではあります。ですが、気付かないふりをしていました。映画の『不都合な真実』ではないですが、このタイトルの通り目を背けたくなるのですが背けたところで問題が解決するわけではありません。むしろ自分が見てないうちに、事態は悪化するだけです。

問題(課題)は、それに対し正面から向き合うことでしか問題は解決しません。むしろ問題に取り組むことは自分を成長させるチャンスになります。いずれにしろ、帰国したら向き合わなければイケない課題ではあったので、こちらにいる間から解決の取り組みを始めたいと思います。

しかも今回の問題は、短期的な解決策があるわけでは有りません。構造的な原因もあるにはあるのですが、自分が長い間かけて問題を作り放置していたことも事実です。だから短期的な安易な解決策を求めるのではなく、これまでの利息分の返済分も含めて長期的に問題解決に取り組んでいくことを誓います!

ということで、そろそろ帰国してのことも考えないといけなくなりました(汗)。とはいえ、こちらでの成果が確定していないので、まずはこちらでの活動に集中したいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です