#798 準備でチャンスを引き寄せる!

帰国まであと0日!

(1)論文、
活動、投稿に関しての相談
時間、1h

(2)英語発声練習、
活動なし

(3)その他活動サマリー、
食事会に行く

(4)陸トレ、
活動なし

(5)感謝、
アドバイスをくれる他部署の上司

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
社長へのプレゼン

(7)ブログ、

今日、無事社長へのプレゼン?が終わりました。まあ準備していった英語を相手の反応を見ながら説明し、あとは簡単な質疑応答があったくらいで、つつがなく終了しました。

さて、本題です。今回の社長へのプレゼンを終えて感じたことの一つに自分の準備不足が感じられます。と言うのは、自分がプレゼンターに選ばれた時の最初の思いは、『やばいな~、いやだな~』というものでした。つまり英語やプレゼンの実力さらに自分の人間力の準備不足だと感じました。

と言うのは、こういう機会を得た際に、もし準備が出来ていて自信があれば『ラッキー、これまはまたとないチャンスだ』とポジティブに捉えることができるはずだと思います。まあ自社の社長とはいえ、大企業の社長と直接対話が出来る機会は殆どないと思います。その役に選ばれたことを光栄に思うべきかもしれません。

(実際のところプレゼンが上手く行ってもいかなくてもあまり影響の少ない内容のプレゼンではありましたが)だけどそのように思えずに「英語をもっと勉強しておけばよかった」とか「いやだな~、誰か代わりにやってくれないか」などのネガティブな印象がまずはじめに来てしまったのは、自分に自信がないからだと思います。

その自信の欠如は『もともと自分に自信がない』という性格的なものもあるのですが、メインは上記のとおり明らかな日頃の準備不足からです。こういうような良い機会は突然やってくるもので、日頃からしっかりと準備をしておく人しか成果をつかむことはできません。『Chance favors only the prepared mind』っていうパスツールの言葉のとおりだと思います。

確かにプレゼンは問題なく終わったのですが、今回このよう自信の欠如に気付いてしまったことは、英語を始めとした日頃の準備の必要性を強く再認識するのキッカケになりました。早速、問題改善のための計画を立てて行動につなげていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です