#806 時間を大切にするための時計!

期限まであと65日!
(1)論文活動、活動なし
(2)英語勉強、活動なし
(3)その他活動サマリー、
買い物
(4)陸トレ、活動なし
(5)感謝、両親
(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
これまで乗ったことない路線を使ってみる
(7)ブログ、
今日から家族で実家に帰省します!
さて本題です。以前に書いたこともあるのですが、自分の数少ない宝物(と言うと大袈裟ではあるのですが汗)の一つに時計があります。そこそこの値段で買ったこともあり大切にしていたのでアメリカには持っていかなかったため、この時計をするのは半年ぶりです。そのため久しぶりに時計をつけることで、買って初めてつけた時と同じような新鮮な気持ちです。ってことで(昔と同じ内容になってしまうかもしれませんが汗)、時計そして時間に対する思いを書いておきたいと思います。
自分としては時間を大切にする大人になりたいと思っていましたし、その思いはますます強くなっています。間違いなくお金は時間より貴重だと思います。お金と違って、時間は誰にでも等しく与えてられているけれども、その活かし方には大きな個人差があると思います。またお金と違って貯めておくことが出来ないので、一日一日、一瞬一瞬がとても大切だと思います。
しかも同じ時間でも、若い時の時間と歳をとってからの時間ではまたその価値も変わってきます。評価軸により価値も変わってくるとは思うのですが、例えば時間を投資として捉えるならばなるべく早い若い時期の方が投資効果は高く価値があるのだと思います。自分は有りたい自分像から大きくかけ離れているのですが、そのギャップを埋めるのはお金ではなく時間を使った投資だと思います(ももちろんお金はそのスピードや効率を大きく改善してくれることは間違い有りませんが、いくらお金を積んでも一朝一夕に有りたい自分に変わることは出来ません)。これらの事から、お金で時間を買うことには、ためらいはほとんどありません(もちろんそれは額と投資効果に依存しますが)。
ってなことを考えていくと、左手首でカチカチと時を刻む時計の音を聞くことで、時間の大切さを感じ、時間を大切に使っていきたいと思っています。仕事の時間はもちろんつけていますが、休みの日だって、それこそ寝るまで一日中つけていたいと思います。もちろん大好きな時計だからという思いも入っていますが、それ以上に時間をムダにしないという思いを忘れずにいたいからです。
逆時計っていうのでしょうか?人生で85歳まで生きるとすると残りはXX年だからその残り時間を表示するという時計を買いたいというアメリカの同僚がいました。さすがにそこまでするかどうかは分かりませんが、気持としてはそのくらいの思いでいたいです。
ということで連休中でリズムが崩れがちですが、出来る範囲で時間を有効に使い、有りたい自分像に近づいていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です