#859 気付かないのは自分だけ?

先日ある会議で、「XX という事が問題になっている」という問題提起に対して「そんなバカな事は有るはずがない!」と反論した方がいらっしゃいました。ですが、よくよく話を聞いてみると問題を起こしているのは、その反論した本人のようなのですが、自分が問題を起こしていることにさえ気づかれていないようです。
今ここで取り上げるのは、その方に対してどうこう言いたいのではなく、自分としては決してそうは有りたいくないと思っているからです。むしろ他人の問題を見て「自分も同じような問題を起こしているのではないか」と振り返り・反省をし、決して同じようなことは起こさないように自戒をしたいと思います。

って偉そうな事を書いていても、実際は気付かないうちに問題を起こしているものだと思います。実際に問題を起こしている本人がその事に気付いていない例はよく見かけます。それくらい自分では気づきにくいものなのでしょう。だからこそ上記のように自分が問題を起こす側にならないよう、とにかく慎重に考えておくことが大切なのではと思います。他の人の振る舞いをみて、その度に自分は大丈夫だろうか、と振り返ることを徹底したいと思います。

一方で気をつけていても、自分が問題の人になってしまう可能性を 100% 否定することは出来ません。だからこそ、同じ様に自分では気付いていないうちに問題を起こしている人を見かけた際には、厳しく接するのではなく、許し忘れるくらいの姿勢で接するのが良いのではないかと思います。
『お互い様だ』といい意味許しあえるように、まずは自分から行動を改めていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です