#860 視点を上げて仕事を見返す!

最近、長時間、一生懸命働いていますが、なんか煮え切らないというか、前に進んでいない感覚を持っていました。何故だろうと考えたのですが、仕事の意味を見失っていて仕事が単なる作業に思えている事が理由だと気付きました。さらにその原因を考えてみると、長期的な視点で今の仕事を捉えようとすることを忘れていたように思います。
たとえば、次のプレゼンはいつで、次の実験の締め切りはいつで、という締め切りは理解しており、そこまでは全力で働いていますが、それはあくまで仕事や作業レベルの締め切りであり、大きな計画の中の一部を達成しようとしているという感覚はあまり持てていません。
そうなっている理由はいくつか考えることが出来ます。まず、今の時間の計画の立てる際に、今週やるべき仕事は何かという、仕事レベルからのスタートになっているからです。そうではなくて、それよりも一段階高い目線で、今年度の目標を達成するためには何をいつまでに仕上げておきたいか、くらいからスタートしたいと思います。
そうすることで、(1)今の仕事の重要性が理解できて、仕事が単なる作業に思えることを防ぐことが出来ます。(2)他にやるべき仕事との比較が可能になり、本当に今その仕事に取り組むべきかが判断できます。(3)全体のタイムラインで考えることで、その仕事の期限の妥当性などを考えることができます。
正直、忙しくなると、時間をとって今の仕事を俯瞰的に見てみるということなどはやりにくくなります。その結果、ますます近視眼的な仕事のススメ方になって非効率的になり、最終的に長期的勤務になってしまうという悪循環になります。忙しい時にこそ心を落ち着けて自分を見つめなおす時間をとるようにしたいと思います。ということで、手持ちの仕事の締め切りが一段落した今、そのための時間をすぐに取りたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です