#879 失敗を恐れる気持ちに勝つ!

今日は会社の研修で外部の先生から講義をうけました。講義内容は一部自分の仕事にも関連する大変興味深いもので多くの学びがありました。後日、自分の理解のために書き出していきたいと思います。

しかし、その研修の中で質問のチャンスがあったにも関わらず、質問が出来なかったことに対して苦い思いを感じました。研究開発に関しての話題でもあったので、何度か自分たちに意見がないか振られる場面もあったのですが、その際も自分以外からも一つの意見も出ませんでした。MBA のような講義であるため、意味のある質問をすることが求められていると思うのですが、参加者としてそのような働きが出来なかったことがとても悔しく思います。

質問や意見が出来なかった事に対して、理由は3つあります。一つはビデオ会議なので技術的な問題で質問しにくい環境であることですが、これは大した問題ではありません。二つ目は、講義の内容に関してイマイチ理解できなかったことです。その原因は予習が不十分だったことで、他の参加者にとっても聞いて意味のある質問をするには至りませんでした。しかし、3つ目の理由が最も大きく、質問をしても意味ある質問が出来ずに、恥ずかしい思いをしてしまうのではないかというが躊躇もありました。上記の通り、分かっていないことを正直に伝えて、内容について解説して頂くという選択肢もあったと思います。

自分としてはあまり質問をしたりすることに対してはこれまで恥ずかしいと思ったことはありません。しかもたとえもし自分が失敗をしたとしても、正直だれも覚えていませんし、幸いなことに?、今回フロアから出た他の質問も大したことのある質問は多くはなかったと思います。

にもかかわらず質問が出来なかったのは、社内の色々な部署から参加者が集まっていて、場の雰囲気に何となく飲まれてしまっていました。何となく自分の中で変な羞恥心を作ってしまい、それが本当に内容を理解したいという気持ちよりも大きくなってしまったという本当に無意味な状況になっています。本当に情けない思いですし、そんな状況をとても悔しく思います。

ということで次の講義では、その時には必ず意味のある質問をして、講義に意味有る参加をしたいとおもいます。加えて質問により、自分自身の理解を深め、さらに今回の悔しい思いを晴らしたいと思います!(笑)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です