#517 献血という僅かな貢献!

目標達成まで、あと13日!
(1)英語、
2周目、
活動なし

(2)論文執筆、
活動、データ解析、今後の計画
時間、1h
(3)論文新ネタ、
活動なし
(4)その他活動、
海!
(5)感謝、

フィードバックをくれた上司

(6)ブログ

今日、久しぶりに献血をしました。過去のデータベースによると、今日で7回めだったそうです。50回を目指しているので、まだまだですね! (最近ご無沙汰で。。。)
多分、血の気が多いので血を抜いてもらって元気を抑えたほうがちょうど良いというくらい体は元気です(ちょこっと疲れはたまっていますが)。ですが製薬会社に務めておいてこんなのをいうのはなんですが、注射が大の苦手なんです(汗)。なので、少し遠ざかっていたのですが、血液が足りないとのこと、更に世のために少しでも役に立ちたいという思いもあって献血をしてきました(笑)。
注射嫌いなので、ラインがつながっている間は少しでも気をそらすために、献血をしてくれるスタッフのかたとお話をしていたのですが、やっぱり血液は足りていないそうです。その理由の一つに、3週間しか血液が持たないこと、また一回の輸血で10人20人分の血液が必要になる方もいらっしゃるため、などの説明をして頂きました。
同じ 400 mlの血液でも、僕の中にあるだけではそれほどの価値はない(抜いたところで元気がなくなるわけではない)のに、輸血を待つ誰かにとってはとても貴重なものになるのだな、ということを感じていました。今日自分に出来たことは、400ml の血を抜いただけでほんの些細なことなんですが、この些細なことの積み重ねで助かるヒトがいるのであれば、とても気分がいいですね。小さなことですが、その小さな分だけ世の中を良くしていくことが出来たのであれば嬉しいです。
何事もひとっ飛びには成果を出すことは出来ません。どんな大事も、小事の積み重ねからです。以前であれば、自分一人が献血したって、と思わないでもなかったのですが、小さな積み重ねを信じる最近の自分としては、元気な自分が献血しないという気持ちが強くなったのだと思います。
注射もたいして痛くは無かったので (単に針が刺さっていることが怖いだけ)、今後も献血車が会社に来た時には、毎回参加したいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です