#613 ちょっと誇らしいこと!

出国まで、あと0日!

(1)論文執筆、
活動、活動なし
時間、0h

(2)論文新ネタ、
活動、活動なし
時間、0h

(3)英語、
活動、英会話
時間、60分、

(4)その他活動、
空港へ移動

(5)感謝、
サポートしてくれた家族

(6)新しい挑戦、
困っているアメリカ人に話しかける

(7)ブログ

今日は空港に移動しました。本当であれば2時間ちょっとで済むところが、台風の影響で電車が不通になり、空港に移動するのにも一苦労でした。結論から言うと、しっかりと下調べしたこともあり問題なく空港に到着できて、(飛行機が遅れていることもあり)今は悠々とラウンジで遊んでいます。

その移動の過程でちょっとだけ誇れることがあったので書いておきます。駅で振替の電車を待っていたところ英語が得意そうな日本人女性と外国人の若い兄ちゃんがなにやらしゃべっていました。同じく空港へ行きたかったようです。ボクが大きなトランクを持って電車を待っているのを見て「ラッキーだったね、あの人(ボク)も成田に行くみたいだから付いて行けば?」と言ってその女性はいなくなりました。

ということで、何故か日本語の喋れない困った外国人を引き受けてしまったわけですが、思い切って「成田に行くんでしょ?、ボクの名前はXXXX、これから成田に行くから良かったら一緒に行かない。」と切り出し、握手して雑談しながら何とか彼を成田へ連れて行きました。

英語を話すことにはあまり緊張はしませんでしたが、知らない外国人に話しかけることは結構勇気が要りました。

もちろん知らない人にいきなり話しかけるのも得意な方で無いですし(当然か笑)、外国の人であればなおさらですが、異国の地で困っている彼をみて放っておくことは出来ません。しかも、車内アナウンスはすべて日本語だし、駅名や案内も小さく英語で書いてあるだけ。そんな状況で加えて、振替運送などなどで空港に向かうことになったので彼も助かったのではないかと思います(自画自賛!)。こうやって考えると日本は外国の方にフレンドリーな環境であるとは言い難い面もあると感じました(決して日本人がフレンドリーではないと言っているのではなく、日本の環境の話です!念の為)。

もちろん彼が困っている素振りを見せなければ話しかけることもなかったのですが、自分だったらこの状況には困るだろうし・助けてほしいと思うだろう、と感じました。加えてまだまだ下手とはいえ自分は英語の勉強をしていますし、他の人が一切話しかけていないのを見ると「自分がちょっと英語を勉強をしている責任感(笑)」みたいなものに突き動かされました。

ターミナルが違ったので電車の中で別れたのですが、握手をして、たまたま持っていた名刺もついでに渡しておきました。tattoo だらけの兄ちゃんなので普通に会っただけなら、あまり友達にはなりたくない感じではありましたが笑、一緒に時間に追われる環境で頑張って空港に向かったという点で友達意識が芽生えたのかもしれません(笑)。彼にも日本はいいところだったと思ってもらいたいですし、彼の旅の最後にその手助けが出来たとしたらとても誇らしいことだと思います。

まぁ大した話では無いのですが、自分の英語が通じた喜びと英語を道具として使って誰かに貢献できたことで生まれた「小さな喜び」をココに書いておいて、今後の英語学習の動機にしたいと思います。

さて、何はともあれ、これから自分が異国の地に向かいます。まずは機内でしっかりと食べて寝て(笑)、生活のリズムを作っていきたいと思います。


2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >風のたよりさん
    コメントありがとうございます!はい、そう言っていただけると嬉しいですし、また頑張ってみようという気になります、ありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です