#916 マーケティングを学ぶ!

セミナーで推薦のあったマーケティング本を学んでいます。コンテンツマーケティングというものらしです。

自分のメディアを持ちコンテンツを発信し、それにより顧客に見つけてもらうことで顧客と直接コンタクトする。この際に重要なのは、商品や売り手の視点での情報発信によるマーケティングではもはや避けられてしまうため、顧客にとって価値ある情報を発信することが必要になってきているらしいです。それにより興味のない読み手から忠実な読者に、さらにはそこから忠実な顧客へと変化していただくために、その動線配置してくことの重要性を説いているような気がします。。。(実は、よく分かっていませんが汗)

自分は研究者であり、いわゆるマーケターではないので、正直スムーズに理解できないことが多く、読み通すのに非常に時間がかかりました(まだ読み途中)。そもそも歴史や背景や言葉の定義が分からないので、いちいち戻らなければいけません。「旧来のマーケティング手法では、・・・」といったところで、旧来の手法が分かっていないので、全くピンときません(汗)。

ですが、かのトム・ピーターズも、著書『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦1,ブランド人になれ』の中で、8つの帽子が必要で、1マーケティング帽、2商品開発帽、3業務管理帽、4顧客サービス帽、5販売帽、6情報管理帽、7時間管理帽と述べていています。この本を読んだ時、研究者で研究の事しか知らない自分のあまりの無知さ無力さに愕然としたことを良く覚えています。

このような状況は自分の当面の競争相手・差別化する相手である他の研究者も同じでしょう。マーケティングは自分にとっての一般知にあたり、自分の専門知を生かしていく強みになると思います(今後自分が専門性を深く掘ることが前提ですが)。

セミナーのメンバーの中で、自分はおそらくマーケティングに最も縁遠い参加者の一人ではあると思いますが、先を行かれるメンバーの皆さんになんとか喰らいついていく過程で、なんとかイロハの部分くらいは理解したいと思います!

エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書/日本経済新聞出版社
¥2,592
Amazon.co.jp


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です