デスクを片付けるのも先送り癖撲滅のため #1347

最近、デスクの上がまた散乱しています。やばいです。そもそも、色んなモノが多すぎることが根本の原因なので、断捨離していかないと駄目だとは思っています。デスクは自分にとっての知的生産の場です。つまり最も多くの価値が生み出される場所であり、この場所が非生産的であることは自分のパフォーマンスに大きなマイナスの影響を与えます。(物理的なデスクと同じく、パソコンのデスクトップの整理状態も重要です。)

もちろん綺麗な机は気持ちが良いのですが、決して掃除が趣味でデスクを綺麗にしているわけではありません。実務的な面で綺麗ではないと駄目なのです。というのは、いつも書いている通り、『アイデアもやる気も揮発性』で、すぐに消え失せてしまいます。そのため、『思い立ったが吉日』なんて生っちょろいわけで、思い立ったその瞬間に動ける状態にしておかないと自分の場合は駄目です。後でやろうなんて言って実際にやったためしはほとんどありません。

だから思い立ったその瞬間に物事を動かし始めないと駄目なんです。たとえば、誰かに何かを依頼をしたいと思った時には、パソコンを開いて依頼のメールを書いて送信することまでしないとダメです。あとで『◯◯を依頼すること』などと手帳に書いておくのもいいですが、後から再開するのは一手間かかり、余分なエネルギーを必要とします。思いったその瞬間のエネルギーをそのまま生かして行動を終えてしまったほうがトータルでのエネルギーは少なくて済むと思っています。

ですので、思い立ったその瞬間にすぐに動ける環境を創りださねばなりません。思い立ったその瞬間にメールを書く、資料を調べる、ウェブで調べる、メモをする、手帳に書き込む、ことが出来る状態をデスクおよびデスクトップでキープしておくのが大切なのだと思います。その時に、キーボードを書類の山の下から引っ張り出して、机の上にキーボード用のスペースを確保して、なんてハードルがあるとその時点で『後でやろう』と先送りすることになってしまします。自分にとって最も大きな弱点は先送り癖です。ですので、あらゆる対策を講じてこの悪癖を封印せねばなりません。デスクが綺麗なだけでそれが出来るのであれば安いものです!ということで、今すぐにデスクを整理整頓し、即断即決即行が出来る知的生産の場を取り戻したいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です