#480 新鮮な気持ちを思い出す!

目標達成まで、あと3日!

(1)英語、
5周目、
45-87章、間違えたところのみ
30分、

(2)論文ネタ、
活動なし

(3)その他活動、
活動なし

(4)ブログ

先日とある理由で、自分の入社試験時の志望動機を読み返すことがありました。ちゃんと読み返すのは、入社以来はじめてのことだったと思います。

原文をそのままここに載せることはできませんが、要は「病気で困っている人のために薬を作りたい」という思いを熱く書いていました。志望動機はもちろん自分で考えたものですが、入社前・入社時の思いというものを少し失っているような気がしました。

この志望動機は入社前に書いたものなので、薬作りがどのような仕事なのか、さらに自分が創薬のプロセスの中でどのような役割を果たせるのか、などその時はまだ分かって書いているわけではありません。しかも元から創薬に対し確固たる思いがあったわけでもなく、いろいろな会社に応募するうちにだんだんと思いが固まって来たというのが正直なところです。

ですが自分が志望動機に書いたこの「病気で困っている人のために薬を作りたい」という思いは、製薬会社で研究をするものとして絶対に忘れてはいけないことです。

創薬研究は長期間のとてつもなく大きな仕事なので、その過程ではブレイクダウンした小さな目先の仕事に取り組んでいくことの積み重ねになります。そのため、ついつい目先の仕事を仕上げることにのみ気が向いてしまい、その仕事が本来はどのような目的のためか見失いがちです。そうなってしまうと仕事に対する使命感が薄れ、面白みもやり甲斐もなくなってしまいます。

自分は今、学生時代に憧れていた製薬会社の研究者として働くことが出来ています。昔の気持ちを思い出し、そして患者さんの期待を忘れずに、仕事をしていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です