#882 短期成果と中長期投資のバランス!

最近、仕事をしすぎています(汗)。自分が成長するための投資の時間を全く取れていない事に大きな焦りを感じます。

特に日本に帰ってきてからは仕事に忙殺されています。かと言って仕事のペースを落とすことは出来きません。まあペースを落とす事も出来るかもしれないのですが、沢山のアイデアが生まれている現状では、頑張れば頑張るだけ成果に繋がる状況です。そんな時に仕事量を落としてしまえば、出せる成果をみすみす損してしまうことになるので、持てる時間のほとんどを仕事に突っ込んでいる状況です。

ということで、自分への投資の時間が取れないことは仕方ない面も有るのですが、そういえば自分に対しての長期投資を長い間おこなえていないことに気付きました。と言うのは、論文の提出・学位の取得という大きな成果を刈り取るために、ここ二年間は論文に集中させました。そのため、英語やビジネス、教養などの超長期に役に立つ勉強というものが全く行えていません。まずいですね(汗)。

このような状況では未来がドンドン苦しくなってしまうので、真剣に改善をしたいと思います。そのためにはまず仕事が回るようにしなければいけませんが、そのためには追加のリソースを求めるための成果が必要です。成果の出ていない人がリソースをくれと言ってもなんの説得力もないわけで、成果を必要とされるのは仕方がありません(汗)。

ということで逆説的なのですが、まずは投資の時間を削ってでも、目先の成果を出すことを優先します。というのはもしリソースが獲得できれば、そのリソースは継続的に使えることになり、将来自分が楽になるはずです。その費用対効果を成り立たせるためには、目先の成果を出すまでの期間を長くてもあと数ヶ月にしないといけません。なんとかこの間に成果を出し追加のリソースを獲得することで、その後の数年間を楽な状況にしたいと思います。

このように短期的な成果、中期的な投資、そして超長期的投資のバランスは常に自分のリソースを求めて衝突します。目先のことだけではなく、中長期的な視点での最適解を求めて活動をしていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です