#908 革新的な仕事をするために!

イノベーティブな仕事をしたいと思っています。というよりもむしろ、研究者たるものは、少しでもそのような革新的な要素がある仕事をしなければ、その価値を認めてもらえないのだと思います。そのような仕事をしていくためにはどうしたら良いかを、今更ながら考えてみたいと思います。

まず、失敗をするということが最も大切でしょう。失敗を恐れないではなく、むしろ失敗するというくらいで丁度いいと思っています。そもそも革新的な仕事をしようとするなら大きなチャレンジが必要ですが、そのためには必ず失敗します。だからダメ元でチャレンジして、失敗する過程で行動を修正し、成功に少しずつ近付いていくというくらいが丁度いいと思っています。と考えると、自分は失敗が足りないと思います。失敗するほど十分なチャレンジが出来ていないことを恥ずかしくも思います。

加えて、人と全く違うことをしないといけません。同じことをやっていては同じ結果が生まれますが、それは当然予想された結果です。その為、人の逆を行くことが必要なのですが、そこで十分な勝ち目を持って逆をいかないといけないと思います。もちろん、新しい目の付けどころや新しい視点で問題を捉えることも大切ですが、そんな他の人が誰も気付かない視点を自分だけが持っていることは非常にまれでしょう。

だからこそ、人と違う道を行く際には、通常の人たちのやり方とは違っている上で、かつ勝てる強みがなければいけません。というよりも、まずは自分の強みを洗い出すことで、ここなら勝てるという強みを棚卸しし、それが活かせる逆の道はないのかどうかを探してく事の方が活躍できる確率が高まるのではないかと思います。先日も書いたとおり、意図した視点で世の中を眺めてみれば、世の中は問題に満ちています。だから強みからスタートして、逆の道を探して行っても問題に困ることはないのでしょう。

革新的な仕事をしていく上で必要なことに関してもっと書きたいことは有るのですが、長くなったのでまた今度にします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です