#1024 新しい仕事への挑戦が楽しすぎる!

昨年度は自分で考えた新しい企画を提案して挑戦したのですが、今年もやってみようと思い、社内のコンペに応募しています。まだコンペに勝てたのかどうか分かりませんが、その時に考えたアイデアを発展させた新しい仕事に挑戦しています。
新しい仕事なので、失敗も多く悩みも尽きないのですが、だからこそまたそれが楽しいのだと思います。上手く行きすぎると楽しくも充実感もないことは分かっています。しかし失敗が楽しさとは言っても最後には勝って終わらないと楽しくはありません。その勝ちたいという気持ちが自分を前に進めている一つの原動力であることは間違いありません。負けず嫌いの気持ちを上手く利用して仕事に生かせていると思います。
もう一つの楽しさの理由には、与えられた仕事ではなく、自分が考え生み出した仕事という点もあると思います。だから仕事をしていて攻めている感覚というものを非常に感じることが出来ます。不思議なもので、同じ仕事でも人からやれと言われた仕事と、自分が考えた(という構図にしてもらっているだけなのかもしれませんが)仕事では、取り組み姿勢が全く違い、自分の仕事が楽しくてそればかりやっています(それはそれで問題なのですが汗)。もちろん自分の仕事だから愛着が有ることに加え、主観的なものの見方で「この仕事は絶対に上手くいく!」と思い込んでいるところがあります。それって少し危険なこともでもあるのですが、まあ仕事の原動力になるのならそれでもいいのかもしれません。
一方で自分が頼まれてもいないのに勝手に作りだした(笑)仕事でもあるため、全責任が自分にかかっています。その責任感・プレッシャーの重さもまた良い刺激になっています。
最後に、新しい仕事なので失敗が多く沢山の学びが有ることも楽しさの一つです。今回の仕事を通じて、新規な顧客の掘り起こしが不十分であること、お客様の利益を考えた提案が出来ていなかったこと、十分な数の潜在的なお客様との接点を持っていないこと、接点を持つためのブランド力が不十分であること、さらにはそれは情報発信力が弱いこと、という事が分かりました。言葉にするとどれもありふれた失敗なのですが、自分の仕事を通じて失敗に気付けたことは自分にとってのかけがえの無い財産になると思います。失敗は成長のための栄養になるはずだと信じているので、決して苦になりません!
と、いう感じで、楽しみながら新しい仕事に挑戦できていることに幸せを感じます!明日もまた(他の業務が炎上しない程度に)新しい仕事にガッツり挑戦していきたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です